HOME > STORE NEWS(ストアニュース) > ビアンキ立川
STORE NEWS

【立川】サドルバックとツールボトル、あなたはどっち?

ドーモ

オーバーホールキャンペーンが好評なビアンキ立川です

クリスマスキャンペーンも実施中のビアンキ立川です

試乗車も新しくなったビアンキ立川です

 

10月下旬くらいでしょうか

パンク修理キットをツールボトルにまとめる記事を書きまして。。。

なぜツールボトルなのか

走行感にどんな影響があるのか

今回はそこに触れていきます

img_5469

サドルバックは取付が容易で、サイズも豊富で十分な容量を確保できます

使い勝手も悪くないですし、特に不満は多くないと思います

しかしあえてツールボトルを使う理由は。。。

パンク修理セットがサドルの下にぶら下がっている

ココがポイントです

 

高いところに重いものがあると【重心】が高くなってしまい、安定しません

なぜか?

img_5464

自転車は走行中、タイヤ-地面の設置面を中心に左右に動きます

中心から離れている物ほど遠心力は大きくなります

 

そこでサドルバックとツールボトルの位置関係を比べてみましょう

img_5463

中身は一緒でも地面からの高さはかなり差があるのがわかります

 

同じ重さでも低い所にある方がかかる遠心力も小さくなりますね

その結果、ダンシングしたりするときはより軽く感じますし、

車体もコントロールしやすく(フラフラしにくく)なります

 

【重たいものはなるべく下に】

色々なことでよく聞くセオリーではありますが、これはつまり

【低重心化】

だったわけです

img_5466

サドルやハンドルの軽量化は【低重心化】と言う意味でもとても効果的です

高価なパーツではありますが、試す価値は十分にあると思います

でもまずは試しに低重心化の恩恵は感じてみたい

そんな時、気軽に体感してもらえるこんな方法もアリじゃないでしょうか

 

This entry was posted in 小ネタ・小話. Bookmark the permalink.
PAGE TOP
© 2001-2016 CYCLEUROPE JAPAN CO.,LTD. All Rights Reserved.