HOME > STORE NEWS(ストアニュース) > ビアンキ立川
STORE NEWS

【ビアンキ立川】タイヤ、擦り減った後

ドーモ

入り口付近にクラシックバイクコーナーを作ったビアンキ立川です

ハイエンドからエントリーまで充実の試乗車をラインナップしているビアンキ立川です

最近乗るたびに雨やトラブルに見舞われるビアンキ立川です

 

さて、今回はコチラ

IMG_4995

新発売のBianchiタイヤについて掘り下げてみようと思います

今回新発売となったこちらのビアンキタイヤですが、

見ての通り、みんな大好きPanaracer製となっております

IMG_5002

かっこいいわぁ。。。。白チェレ、いいやないかぁ。。。

 

パナレーサーといえば有名な大手メーカーですが、

その分グレードの展開も幅広く、充実のラインナップを取り揃えていますね

今回のビアンキタイヤはBianchi特別仕様!!!!

どんなテクノロジーが突っ込まれているかというと・・・

IMG_5013

【ZSG(Zero Slip Grip)Natural Compound】
天然ゴムを使用し優れた耐久性・耐摩耗性を持ちながらも高いグリップ力を発揮するコンパウンド

【PR(Puncture Resistant)Belt】
対貫通性能の高い耐パンクベルトを使用

【All Contact Thread Shape】
コンパウンドのグリップを最大限に発揮させるために最適化された断面形状

こんなところです
ほぼ新しいCloserPlusですね、はい

しかし、能書きばかりでよくわからない、そうでしょう

 

では、シンプルに数字を比べてみましょう!

コンパウンドとか色々あるけど、やっぱり一番わかりやすいところ

それはやはり 【重量 でしょう!

では手始めに、ViaNirone7等の完成車でおなじみの

標準装備ロードタイヤ Vittoria Zaffiro 700×25c

IMG_4999

ワイヤービードなので折り畳めないため、こんな形で計測しました

IMG_4998

お、、おもい・・・・

 

対して新発売のビアンキタイヤは、、

IMG_4996

劇的!!約150g、前後で-300g、30%近く軽量に!?

価格帯とタイヤの太さ等々、トータルで考えてもなかなか優秀ですね
まぁパッケージの表記重量より重たいのはお約束、、、ということで笑

IMG_5005

次にこれがいかに優秀か、従来のビアンキタイヤと比べてみてみましょう

 

まずはVittoria Zaffiro Pro Slick 700×25c Celeste ¥4,400+税

IMG_5003

うん、まぁいたって普通、トレーニングタイヤってとこですね

次にVittoria Rubino Pro 700×23c Celeste ¥7,500+税

IMG_5007

あ、ちょっとだけ軽いぞ!!しかし値段が・・・
細いから当たり前って言えば当たり前なんですけどね

以上の検証から見て、今回のビアンキタイヤはなかなか秀逸と言えるでしょう

”数字”は嘘をつきません

初期パーツからのアップグレードとして候補に入れても良いカスタムパーツと言えますね

だって見た目カッコいいし。。。

IMG_5001

転がり性能であったり寿命などに関しては、これから使って見てのお楽しみってことで

ささやかなアップグレードからカラーカスタムまで何でもござれのビアンキストアでした

written by サカタ=サン

This entry was posted in Parts, ニューモデル・新商品紹介. Bookmark the permalink.
PAGE TOP
© 2001-2016 CYCLEUROPE JAPAN CO.,LTD. All Rights Reserved.