HOME > STORE NEWS(ストアニュース) > ビアンキ立川
STORE NEWS

Category Archives: 小ネタ・小話

【立川】タイヤを換えよう

どーも

広い店内!幅広い品揃え!充実の講習会!いつものビアンキ立川です

 

今回はタイヤ交換についてです

年も明け、初走りも済ませた今日この頃、、、

寒過ぎて乗るモチベーションが上がらないソコのアナタ!

 

タイヤ、履き替えてみませんか?

なんせ新しいビアンキのタイヤが出たので。。。。

 

 

まずは見た目がグッと変わります

でもそれだけではありません

走りもググッと変わります

乗り心地もグググッと変わります

、、、、あれ?もはや別物じゃ。。。

 

 

バイクの(ルックスと)乗り味を左右するこの重要なパーツですが、、、

 

『タイヤの履き替え時』ってどんなタイミングなの?

基本的にはタイヤの『消耗』と『劣化』の具合をみてあげましょう

 

では具体的に『消耗』したタイヤ『劣化』してきたタイヤを見てみましょう

見るからに『消耗』していますね ヒビ割れも出ています

このようにトレッド(タイヤの溝)があるモデルは磨り減り具合が判りやすいですが、

ロードバイクはトレッドのないスリックタイヤが多く出回っています

そしてこちらが『消耗』したスリックタイプのタイヤになります

てっぺんが磨り減って平らになっていますね。。。

このまま使って行けば近いうちにタイヤの中身が出てくるでしょう

当然、磨り減った分は薄くなっているのでパンクのリスクも上がります

 

 

ちなみに、、、

自動車などのタイヤにはスリップサインというものがありますが、

スポーツバイクでも採用しているモデルがあったりします

このポチっと凹んでいる部分です

このくぼみが平らになって(無くなって)きたら

消耗してきてますよー交換時期ですよー ということですね

不良品ではないので覚えておくと良いかもしれないです

 

このように【見た目】や【乗り味】を大きく変えるタイヤ交換ですが、

作業としてはパンク修理と一緒なので、ビギナーユーザーにもオススメなカスタムです

パンク修理の練習にもなるので、一石二鳥ですね

パンクするまで使うスタイルのユーザーもいますが、

パンクは面倒だな、少しでもリスクを減らしたい方は

早めの交換をオススメします

 

ちなみに。。。

今回使った新登場のタイヤですが、試乗車に使っているので乗れます

さらに言うと、青山のお店にも試乗車に導入済みです

気になったら『来て』『見て』『触って』『乗って』みてください

 

次回は【タイヤの選び方】について書いていこうかと思います

『サイズ』とか『太さ』とか基本的な部分から、

『コンパウンド』とか『ケーシング』とか難しそうな話まで、、、

タイヤは奥が深いですね。。

Posted in Parts, ニューモデル・新商品紹介, 小ネタ・小話 | 【立川】タイヤを換えよう はコメントを受け付けていません。

【立川】サドルバックとツールボトル、あなたはどっち?

ドーモ

オーバーホールキャンペーンが好評なビアンキ立川です

クリスマスキャンペーンも実施中のビアンキ立川です

試乗車も新しくなったビアンキ立川です

 

10月下旬くらいでしょうか

パンク修理キットをツールボトルにまとめる記事を書きまして。。。

なぜツールボトルなのか

走行感にどんな影響があるのか

今回はそこに触れていきます

img_5469

サドルバックは取付が容易で、サイズも豊富で十分な容量を確保できます

使い勝手も悪くないですし、特に不満は多くないと思います

しかしあえてツールボトルを使う理由は。。。

パンク修理セットがサドルの下にぶら下がっている

ココがポイントです

 

高いところに重いものがあると【重心】が高くなってしまい、安定しません

なぜか?

img_5464

自転車は走行中、タイヤ-地面の設置面を中心に左右に動きます

中心から離れている物ほど遠心力は大きくなります

 

そこでサドルバックとツールボトルの位置関係を比べてみましょう

img_5463

中身は一緒でも地面からの高さはかなり差があるのがわかります

 

同じ重さでも低い所にある方がかかる遠心力も小さくなりますね

その結果、ダンシングしたりするときはより軽く感じますし、

車体もコントロールしやすく(フラフラしにくく)なります

 

【重たいものはなるべく下に】

色々なことでよく聞くセオリーではありますが、これはつまり

【低重心化】

だったわけです

img_5466

サドルやハンドルの軽量化は【低重心化】と言う意味でもとても効果的です

高価なパーツではありますが、試す価値は十分にあると思います

でもまずは試しに低重心化の恩恵は感じてみたい

そんな時、気軽に体感してもらえるこんな方法もアリじゃないでしょうか

 

Posted in 小ネタ・小話 | 【立川】サドルバックとツールボトル、あなたはどっち? はコメントを受け付けていません。

【ビアンキ立川】パンクに屈しないために(ツールボトル編)

ドーモ

11月の頭に新型OltreXR4に乗れるビアンキ立川です

季節も変わり、気温の変化に体がついてこないビアンキ立川です。。。

 

さて、今回はビアンキから新しくタイヤレバーが発売されたので、、

img_5271

ライドに付き物、トラブルの代名詞、ビギナーからプロまで皆平等

 

【パンク】

誰もがそのトラブルに対峙できるよう、準備をしていると思います

 

実は半年前にも(サドルバック編)と銘打って記事にしていますが、

img_5268

今回は大人気商品のビアンキ製ツールボトルにフォーカスしていきます。

最近は気温も下がってドリンクもボトル一本で事足りることが多いですからね

 

内容物はこんな感じ

img_5275

Bianchi Nylon Tire Lever Celeste ←NEW!!

Bianchi CO2 Inflator Celeste

Bianchi Road向けインナーチューブ(700×18~25c)×2本

・CO2ボンベ×2

 

これがまとめて。。。

img_5273

こんな感じ

まだまだ隙間もあるのでチェーンピンやタイヤブートを入れておくとより安心感アップ!

ポイントは予備チューブをコンパクトにするところですね

パッキングのコツは前回記事を参考してください ←クリック

 

どうでしょうか

このツールボトルで2回までパンクに耐えられます!

しかもBianchi製品でほぼ固められます!!

ctqgar5vmaafawq

さらに!!

今週末はパンク修理の講習会です!

これで全部まとめてビアンキ仕込みになれます

講習会は電話でも予約できますので、お気軽にドーゾ

 

img_5267

しかし、なぜツールボトルなのか。

実はコレ、走りにも大きな影響があって、、、

書き出したら長くなりそうなので、次回以降の記事にしましょう

お楽しみに~

written by サカタ=サン

Posted in Parts, ニューモデル・新商品紹介, 小ネタ・小話 | 【ビアンキ立川】パンクに屈しないために(ツールボトル編) はコメントを受け付けていません。

【ビアンキ立川】さぁ、ライドの準備だ!!(サドルバック編)

ドーモ

CV(Countervail®)フレームがいっぱいのビアンキ立川です

のんびり走ったり山から落ちてきたりしているビアンキ立川です

そして、最近ブログの更新が滞っていたビアンキ立川です

 

最近は気候もだいぶ温暖になり国内外レースも各地で開催され、盛り上がってきました!

さて、今回は、、、

これだー!!!

IMG_4727

 

なんだコレ?

 

これはですね、ライド必携トラブルバスターズ!

またの名を「お守りセット」とも。。。

コレさえあればある程度のトラブル(ハンドル等角度修正・各種パンク・チェーン切断等)には対応できます

 

右から順に

携帯ポンプ

パンク修理セット(タイヤレバー・パッチ等)

予備チューブ(バルブ長に注意)

携帯工具(チェーンカッター付属のもの)

チェーンピン(使用している変速数に適合したもの)

タイヤブート(タイヤのサイドカット等に使用)

 

でもさ、、、ちょっと、多いよねぇ、、、

まぁポンプはフレームにボトルケージ台座をつけるとして、、、

他のバスターズはどうやって携帯するの?

IMG_4736

コレだけでも結構な量になりますねぇ・・・

特に予備チューブはかなりの大物感がありますねぇ・・・

でもそこを巧くまとめてサドルバックにインしていきすよ〜

 

まずは予備のインナーチューブの空気漏れチェックから

IMG_4730

新品とはいえ不良がないとは限りません
アイエ!?
事前にチェックしてからパッキングしましょう
「予備チューブがパンクしていた」なんて絶望しか生まれません(経験者は語る)

そして、チューブを折り畳んでいきますが、、、、

IMG_4737

バックの中は振動でかなり擦れます

事前にバルブでチューブを傷つけないようにバルブキャップとテープで保護しておきましょう

(脱落防止のナットは要らないので自分は捨ててます)

 

そして空気を抜いてぺったんこにします

IMG_4738

そしてこんな感じで巻き付けるように折り畳みます

IMG_4739

このチューブはMTB用のチューブなので結構なサイズ感がありますね

こいつをサランラップ等でグルグルにラッピングします!
ここでのラッピング=ジツは非常に重要 

IMG_4740

こんな感じになりました

あとはコレをバックにインする訳ですが、、、

IMG_4741

サドルバックの中は先述の通り、かなり擦れます

当然、隣に携帯工具等がオブジェクツがあると実際キケン!

そこで良い感じのサイズのビニール袋にさらにインしてからバックインします
Wasshoi!!
IMG_4742

こうすればタイヤブートとレバーも一緒に入りますね

チェーンピンは工具と一緒に忍ばせておきましょう

IMG_4743

コレで完璧!

今回のMTB用チューブはかなりの大物ですが、

Bianchiのサドルバックはばっちり納まります!

ロード用のチューブならうまくやれば二本くらい入るので安心!

さらに!!

今回、Binchi携帯ポンプが新しく発売されました!

IMG_4804

こちらの新発売の2in1MiniPumpはCO2インフレーターにも対応しています!

早速ご使用の方はCO2カートリッジをバックにインしておきましょう!

パンク修理が非常に迅速かつ楽チンになるので是非!!
まさに科学の勝利!インダストリ!!

IMG_4807

 

そもそもパンク修理なんて出来ません!! って方、、ご安心ください!

各店で講習会をやっています!もちろん立川もやってます!

ツボを押さえてわかりやすく解説しながらやっていきますので、お気軽にお問い合わせください!

 

あぁ。。。今回もだいぶ大作になってしまった
ここに気づいた読者もいるかもわかりませんが
ここまで読んでくれてありがとうございました!
「こんなブログがあれば良いな〜」とか、要望があればTwitterInstagramでコメントください 参考にさせてもらうこともありますよ〜 オタッシャデー
written by サカタ=サン

Posted in Parts, 小ネタ・小話 | 【ビアンキ立川】さぁ、ライドの準備だ!!(サドルバック編) はコメントを受け付けていません。

【立川】雪の上をMTBで転がってみる

ドーモ

バイクオブザイヤー受賞のSpecialissimaに乗れるビアンキ立川です

海外モデルのフルカーボンバイクが衝撃価格で限定入荷中のビアンキ立川です

コンプリートバイクのカスタムからフレーム組までなんでもアリのビアンキ立川です

 

今回は、、、

4月の初めにMTBのレースに出場してきたので、その報告です

 

レースというと過酷でしんどいイメージがつきものですが

レースっていうのは『イベント』なんですね

『楽しく完走』を目標としている参加者も実は結構多いのです

 

今回BianchiTachikawaのスタッフが出場したレースは

Avalanche Japan Series Snow Myoko

どんなレースかというと。。。

『スキー場を頂上から走り抜ける』

IMG_4452

 

スタート地点の頂上はこんな感じでした
アイエッ!?スキー場!?スキー場ナンデ!!?
単純!!

スキーの代わりに自転車で降りてくれば良いわけですね笑

日程は4月2日(土)と3日(日)の二日間

スタッフは初日の土曜日だけの弾丸日帰りレース参戦

目標は・・・

 

『完走』

もちろん、ベストを尽くした上での『完走』ですけどね

IMG_4456

レースの雰囲気としては、ローカルな感じも相まってシリアスな感じのない、和気あいあいとしたエンジョイレースでした

家族連れの方も多く、ファンライド的な楽しみで来てる人が多かったですね

完走目標の自分にはちょうど良い温度でした笑

 

使用機材は

2015Model Ethanol 27.1 FS Trail 130

IMG_4421

 

十分すぎるスペックの完成車ですね笑

準備として手を加えた部分と言えば

グリップをImperial (Un Authorized)Full Throttle 2に換え

タイヤをKendaNevegalProに換えたくらいですね
フロント2.35 リア2.1にしてます。。。後輪滑りまくりでしたが。。。
あと、普段はビンディングペダルを使っていますが、

雪上、いかにも滑りそうな未知の領域での走行となるので

フラットペダルという安全策も用意して臨みました

IMG_4448

結果は、、、

総合6位 年代別カテゴリー2位
安全策が大当たりでしたね
ローカルマイナーなレースで参加人数が少ないのもあって、まさかの上位に入ってしまいました笑

ファンライドならではのサプライズ、こんなこともあるんですね
フラットペダルなしでは完走も怪しいレベルでしたが・・・笑

先日、ツールド八ヶ岳等のヒルクライムイベントもありました

『ヒルクライム』と聞くと響きが本気っぽくて辛そうな感じがありますよね

しかし前述の通り、『レース』はあくまで『イベント』なのです

参加者には上位入賞を狙う本気のシリアスレーサーもいれば、

ビギナーやファンライダー等々ライトユーザーもたくさんいます

いろいろな人が集まる会場で共通して言えるのは

 

みんな自転車好きです

 

気になったらどんどん参加してみるのも面白いですよね

IMG_4459
予選スタートの瞬間 よーいドン!!

Posted in 小ネタ・小話 | 【立川】雪の上をMTBで転がってみる はコメントを受け付けていません。
PAGE TOP
© 2001-2016 CYCLEUROPE JAPAN CO.,LTD. All Rights Reserved.