HOME > STORE NEWS(ストアニュース) > ビアンキ立川
STORE NEWS

Category Archives: 小ネタ・小話

【立川】MethanolCVは最高なMTBである(SDA王滝100km走ってきました)

どーも

広い店内、豊富な在庫で当日納車もOK

毎度いつものビアンキ立川です

 

さて、今回は 国内最大規模のMTBイベント

『SDAin王滝』Bianchiが誇るフラッグシップMTB

MethanolCVで走ってきたので、そのお話しようと思います

 

まぁでもその前に。。。

そもそも、『SDAin王滝』って何?ってなる人も多いかと思います。

SDA(Self Discovery Adventure)in王滝

毎年春と秋に開催される国内最大規模を誇るこのイベントは、長野県は王滝村で開催、
春は100km/42km/20km/100kmSS(SingleSpeed) の4カテゴリが設けられ、
この大会限定で解放される国有林の林道をMTBで駆け抜けます
特に100kmのカテゴリは国内で唯一のワンウェイコース(周回等が無い)でのレースとなり。。。云々

MTBイベントのベンチマーク的なものだと思ってもらえれば(雑

ロードでいえば『ツール・ド・沖縄』的なね

話し出すと長くなるので、次回以降にしておきましょう笑

 

さて、ここからが本題です

去年の春、初参加でカーボンフルサスMTBまで引っ張り出し、

ヒーヒーしながら死に物狂いでなんとか完走した100kmですが、

今年も懲りずに100kmに参加してきました

 

なぜか?

 

MethanolCVがリリースされたからです

MTBにBianchiだけが使用できるCountervail®が搭載されました、

と言われたら、これはもう買うしかありませんでした(個人的に

実際に地元の山やエンデューロレースで使ってみてはいましたが、

『SDA王滝100km』となると流石に別物、ひたすらに過酷なわけです。

しかし、こういった極限の環境でこそ、バイクの真価が発揮されるはず!!!

 

そして気になる結果は、、、

 

文句なしに【最高】でした笑

 

ハードテールの軽さと考えられたレーシングジオメトリ、そして最新MTBコンポーネント(12速)のおかげで

『登りで休める』というインチキっぷりを発揮!

 

そして今回の不安要素、ハードテールでの『下り』『突き上げ』に関しては

ものの見事にCountervail®が解消してくれました!!

 

振動を効率よく除去してくれるカウンターベイルは

『振動による疲労の軽減』にフォーカスされがちですが、

その性能はバイクの『下り』性能を大きく底上げしてくれる印象があります

安定感が全然違います(まるで自分が巧くなったかのような錯覚を覚えるほどに)

これはMTBでもなるほど納得の効果でした

おかげで去年は地獄のように感じた100kmが、登りも下りも終始楽しく走れました

結果的に去年のフルサスより体への負担はだいぶ楽になったのも

Countervail®のなせる業なのかと、、、

 

とりあえず今回はこの辺で。。

次回は車体の仕様詳細等の話をしようかな、興味ないかな、うん

 

Posted in ニューモデル・新商品紹介, 小ネタ・小話 | 【立川】MethanolCVは最高なMTBである(SDA王滝100km走ってきました) はコメントを受け付けていません。

【立川】第一回BianchiRide in立川 お疲れ様でした!

どーも

広い店内で充実の品揃え

当日納車も可能なビアンキ立川です

 

先日開催しました

BianchiRide in立川

第一回、立川で初の開催でした

 

今回のライドは多摩川サイクリングロード最果ての地

玉川ブラザーズよろしく
『羽村堰』を目指して走りました


バキューン

参加された皆様、お疲れ様でした!

皆さん楽しく走ってもらえたようでしたので

またやります!!

現在、絶賛企画中ですのでお楽しみに~

 

次回は4月か5月かその先か、、、

早めに告知が出せるように頑張ります!

イベントなどの告知はブログツイッターInstagramといったSNS

また、店頭のインフォメーションボードでも告知しています

通りすがりにでもチェックしてくださいね

 

・・・また、企画中なので

『目的地』も『日程』もまだ正式に決まってはいない

そんな状態です

意見・要望・希望・願望etc…  お気軽にご相談ください

サカタ=サン

Posted in イベント・キャンペーン告知, 小ネタ・小話 | 【立川】第一回BianchiRide in立川 お疲れ様でした! はコメントを受け付けていません。

【立川】タイヤを換えよう

どーも

広い店内!幅広い品揃え!充実の講習会!いつものビアンキ立川です

 

今回はタイヤ交換についてです

年も明け、初走りも済ませた今日この頃、、、

寒過ぎて乗るモチベーションが上がらないソコのアナタ!

 

タイヤ、履き替えてみませんか?

なんせ新しいビアンキのタイヤが出たので。。。。

 

 

まずは見た目がグッと変わります

でもそれだけではありません

走りもググッと変わります

乗り心地もグググッと変わります

、、、、あれ?もはや別物じゃ。。。

 

 

バイクの(ルックスと)乗り味を左右するこの重要なパーツですが、、、

 

『タイヤの履き替え時』ってどんなタイミングなの?

基本的にはタイヤの『消耗』と『劣化』の具合をみてあげましょう

 

では具体的に『消耗』したタイヤ『劣化』してきたタイヤを見てみましょう

見るからに『消耗』していますね ヒビ割れも出ています

このようにトレッド(タイヤの溝)があるモデルは磨り減り具合が判りやすいですが、

ロードバイクはトレッドのないスリックタイヤが多く出回っています

そしてこちらが『消耗』したスリックタイプのタイヤになります

てっぺんが磨り減って平らになっていますね。。。

このまま使って行けば近いうちにタイヤの中身が出てくるでしょう

当然、磨り減った分は薄くなっているのでパンクのリスクも上がります

 

 

ちなみに、、、

自動車などのタイヤにはスリップサインというものがありますが、

スポーツバイクでも採用しているモデルがあったりします

このポチっと凹んでいる部分です

このくぼみが平らになって(無くなって)きたら

消耗してきてますよー交換時期ですよー ということですね

不良品ではないので覚えておくと良いかもしれないです

 

このように【見た目】や【乗り味】を大きく変えるタイヤ交換ですが、

作業としてはパンク修理と一緒なので、ビギナーユーザーにもオススメなカスタムです

パンク修理の練習にもなるので、一石二鳥ですね

パンクするまで使うスタイルのユーザーもいますが、

パンクは面倒だな、少しでもリスクを減らしたい方は

早めの交換をオススメします

 

ちなみに。。。

今回使った新登場のタイヤですが、試乗車に使っているので乗れます

さらに言うと、青山のお店にも試乗車に導入済みです

気になったら『来て』『見て』『触って』『乗って』みてください

 

次回は【タイヤの選び方】について書いていこうかと思います

『サイズ』とか『太さ』とか基本的な部分から、

『コンパウンド』とか『ケーシング』とか難しそうな話まで、、、

タイヤは奥が深いですね。。

Posted in Parts, ニューモデル・新商品紹介, 小ネタ・小話 | 【立川】タイヤを換えよう はコメントを受け付けていません。

【立川】サドルバックとツールボトル、あなたはどっち?

ドーモ

オーバーホールキャンペーンが好評なビアンキ立川です

クリスマスキャンペーンも実施中のビアンキ立川です

試乗車も新しくなったビアンキ立川です

 

10月下旬くらいでしょうか

パンク修理キットをツールボトルにまとめる記事を書きまして。。。

なぜツールボトルなのか

走行感にどんな影響があるのか

今回はそこに触れていきます

img_5469

サドルバックは取付が容易で、サイズも豊富で十分な容量を確保できます

使い勝手も悪くないですし、特に不満は多くないと思います

しかしあえてツールボトルを使う理由は。。。

パンク修理セットがサドルの下にぶら下がっている

ココがポイントです

 

高いところに重いものがあると【重心】が高くなってしまい、安定しません

なぜか?

img_5464

自転車は走行中、タイヤ-地面の設置面を中心に左右に動きます

中心から離れている物ほど遠心力は大きくなります

 

そこでサドルバックとツールボトルの位置関係を比べてみましょう

img_5463

中身は一緒でも地面からの高さはかなり差があるのがわかります

 

同じ重さでも低い所にある方がかかる遠心力も小さくなりますね

その結果、ダンシングしたりするときはより軽く感じますし、

車体もコントロールしやすく(フラフラしにくく)なります

 

【重たいものはなるべく下に】

色々なことでよく聞くセオリーではありますが、これはつまり

【低重心化】

だったわけです

img_5466

サドルやハンドルの軽量化は【低重心化】と言う意味でもとても効果的です

高価なパーツではありますが、試す価値は十分にあると思います

でもまずは試しに低重心化の恩恵は感じてみたい

そんな時、気軽に体感してもらえるこんな方法もアリじゃないでしょうか

 

Posted in 小ネタ・小話 | 【立川】サドルバックとツールボトル、あなたはどっち? はコメントを受け付けていません。

【ビアンキ立川】パンクに屈しないために(ツールボトル編)

ドーモ

11月の頭に新型OltreXR4に乗れるビアンキ立川です

季節も変わり、気温の変化に体がついてこないビアンキ立川です。。。

 

さて、今回はビアンキから新しくタイヤレバーが発売されたので、、

img_5271

ライドに付き物、トラブルの代名詞、ビギナーからプロまで皆平等

 

【パンク】

誰もがそのトラブルに対峙できるよう、準備をしていると思います

 

実は半年前にも(サドルバック編)と銘打って記事にしていますが、

img_5268

今回は大人気商品のビアンキ製ツールボトルにフォーカスしていきます。

最近は気温も下がってドリンクもボトル一本で事足りることが多いですからね

 

内容物はこんな感じ

img_5275

Bianchi Nylon Tire Lever Celeste ←NEW!!

Bianchi CO2 Inflator Celeste

Bianchi Road向けインナーチューブ(700×18~25c)×2本

・CO2ボンベ×2

 

これがまとめて。。。

img_5273

こんな感じ

まだまだ隙間もあるのでチェーンピンやタイヤブートを入れておくとより安心感アップ!

ポイントは予備チューブをコンパクトにするところですね

パッキングのコツは前回記事を参考してください ←クリック

 

どうでしょうか

このツールボトルで2回までパンクに耐えられます!

しかもBianchi製品でほぼ固められます!!

ctqgar5vmaafawq

さらに!!

今週末はパンク修理の講習会です!

これで全部まとめてビアンキ仕込みになれます

講習会は電話でも予約できますので、お気軽にドーゾ

 

img_5267

しかし、なぜツールボトルなのか。

実はコレ、走りにも大きな影響があって、、、

書き出したら長くなりそうなので、次回以降の記事にしましょう

お楽しみに~

written by サカタ=サン

Posted in Parts, ニューモデル・新商品紹介, 小ネタ・小話 | 【ビアンキ立川】パンクに屈しないために(ツールボトル編) はコメントを受け付けていません。
PAGE TOP
© 2001-2016 CYCLEUROPE JAPAN CO.,LTD. All Rights Reserved.