HOME > STORE NEWS(ストアニュース) > ビアンキ立川
STORE NEWS

Category Archives: Parts

【ビアンキ立川】パンクに屈しないために(ツールボトル編)

ドーモ

11月の頭に新型OltreXR4に乗れるビアンキ立川です

季節も変わり、気温の変化に体がついてこないビアンキ立川です。。。

 

さて、今回はビアンキから新しくタイヤレバーが発売されたので、、

img_5271

ライドに付き物、トラブルの代名詞、ビギナーからプロまで皆平等

 

【パンク】

誰もがそのトラブルに対峙できるよう、準備をしていると思います

 

実は半年前にも(サドルバック編)と銘打って記事にしていますが、

img_5268

今回は大人気商品のビアンキ製ツールボトルにフォーカスしていきます。

最近は気温も下がってドリンクもボトル一本で事足りることが多いですからね

 

内容物はこんな感じ

img_5275

Bianchi Nylon Tire Lever Celeste ←NEW!!

Bianchi CO2 Inflator Celeste

Bianchi Road向けインナーチューブ(700×18~25c)×2本

・CO2ボンベ×2

 

これがまとめて。。。

img_5273

こんな感じ

まだまだ隙間もあるのでチェーンピンやタイヤブートを入れておくとより安心感アップ!

ポイントは予備チューブをコンパクトにするところですね

パッキングのコツは前回記事を参考してください ←クリック

 

どうでしょうか

このツールボトルで2回までパンクに耐えられます!

しかもBianchi製品でほぼ固められます!!

ctqgar5vmaafawq

さらに!!

今週末はパンク修理の講習会です!

これで全部まとめてビアンキ仕込みになれます

講習会は電話でも予約できますので、お気軽にドーゾ

 

img_5267

しかし、なぜツールボトルなのか。

実はコレ、走りにも大きな影響があって、、、

書き出したら長くなりそうなので、次回以降の記事にしましょう

お楽しみに~

written by サカタ=サン

Posted in Parts, ニューモデル・新商品紹介, 小ネタ・小話 | 【ビアンキ立川】パンクに屈しないために(ツールボトル編) はコメントを受け付けていません。

【ビアンキ立川】タイヤ、擦り減った後

ドーモ

入り口付近にクラシックバイクコーナーを作ったビアンキ立川です

ハイエンドからエントリーまで充実の試乗車をラインナップしているビアンキ立川です

最近乗るたびに雨やトラブルに見舞われるビアンキ立川です

 

さて、今回はコチラ

IMG_4995

新発売のBianchiタイヤについて掘り下げてみようと思います

今回新発売となったこちらのビアンキタイヤですが、

見ての通り、みんな大好きPanaracer製となっております

IMG_5002

かっこいいわぁ。。。。白チェレ、いいやないかぁ。。。

 

パナレーサーといえば有名な大手メーカーですが、

その分グレードの展開も幅広く、充実のラインナップを取り揃えていますね

今回のビアンキタイヤはBianchi特別仕様!!!!

どんなテクノロジーが突っ込まれているかというと・・・

IMG_5013

【ZSG(Zero Slip Grip)Natural Compound】
天然ゴムを使用し優れた耐久性・耐摩耗性を持ちながらも高いグリップ力を発揮するコンパウンド

【PR(Puncture Resistant)Belt】
対貫通性能の高い耐パンクベルトを使用

【All Contact Thread Shape】
コンパウンドのグリップを最大限に発揮させるために最適化された断面形状

こんなところです
ほぼ新しいCloserPlusですね、はい

しかし、能書きばかりでよくわからない、そうでしょう

 

では、シンプルに数字を比べてみましょう!

コンパウンドとか色々あるけど、やっぱり一番わかりやすいところ

それはやはり 【重量 でしょう!

では手始めに、ViaNirone7等の完成車でおなじみの

標準装備ロードタイヤ Vittoria Zaffiro 700×25c

IMG_4999

ワイヤービードなので折り畳めないため、こんな形で計測しました

IMG_4998

お、、おもい・・・・

 

対して新発売のビアンキタイヤは、、

IMG_4996

劇的!!約150g、前後で-300g、30%近く軽量に!?

価格帯とタイヤの太さ等々、トータルで考えてもなかなか優秀ですね
まぁパッケージの表記重量より重たいのはお約束、、、ということで笑

IMG_5005

次にこれがいかに優秀か、従来のビアンキタイヤと比べてみてみましょう

 

まずはVittoria Zaffiro Pro Slick 700×25c Celeste ¥4,400+税

IMG_5003

うん、まぁいたって普通、トレーニングタイヤってとこですね

次にVittoria Rubino Pro 700×23c Celeste ¥7,500+税

IMG_5007

あ、ちょっとだけ軽いぞ!!しかし値段が・・・
細いから当たり前って言えば当たり前なんですけどね

以上の検証から見て、今回のビアンキタイヤはなかなか秀逸と言えるでしょう

”数字”は嘘をつきません

初期パーツからのアップグレードとして候補に入れても良いカスタムパーツと言えますね

だって見た目カッコいいし。。。

IMG_5001

転がり性能であったり寿命などに関しては、これから使って見てのお楽しみってことで

ささやかなアップグレードからカラーカスタムまで何でもござれのビアンキストアでした

written by サカタ=サン

Posted in Parts, ニューモデル・新商品紹介 | 【ビアンキ立川】タイヤ、擦り減った後 はコメントを受け付けていません。

【ビアンキ立川】さぁ、ライドの準備だ!!(サドルバック編)

ドーモ

CV(Countervail®)フレームがいっぱいのビアンキ立川です

のんびり走ったり山から落ちてきたりしているビアンキ立川です

そして、最近ブログの更新が滞っていたビアンキ立川です

 

最近は気候もだいぶ温暖になり国内外レースも各地で開催され、盛り上がってきました!

さて、今回は、、、

これだー!!!

IMG_4727

 

なんだコレ?

 

これはですね、ライド必携トラブルバスターズ!

またの名を「お守りセット」とも。。。

コレさえあればある程度のトラブル(ハンドル等角度修正・各種パンク・チェーン切断等)には対応できます

 

右から順に

携帯ポンプ

パンク修理セット(タイヤレバー・パッチ等)

予備チューブ(バルブ長に注意)

携帯工具(チェーンカッター付属のもの)

チェーンピン(使用している変速数に適合したもの)

タイヤブート(タイヤのサイドカット等に使用)

 

でもさ、、、ちょっと、多いよねぇ、、、

まぁポンプはフレームにボトルケージ台座をつけるとして、、、

他のバスターズはどうやって携帯するの?

IMG_4736

コレだけでも結構な量になりますねぇ・・・

特に予備チューブはかなりの大物感がありますねぇ・・・

でもそこを巧くまとめてサドルバックにインしていきすよ〜

 

まずは予備のインナーチューブの空気漏れチェックから

IMG_4730

新品とはいえ不良がないとは限りません
アイエ!?
事前にチェックしてからパッキングしましょう
「予備チューブがパンクしていた」なんて絶望しか生まれません(経験者は語る)

そして、チューブを折り畳んでいきますが、、、、

IMG_4737

バックの中は振動でかなり擦れます

事前にバルブでチューブを傷つけないようにバルブキャップとテープで保護しておきましょう

(脱落防止のナットは要らないので自分は捨ててます)

 

そして空気を抜いてぺったんこにします

IMG_4738

そしてこんな感じで巻き付けるように折り畳みます

IMG_4739

このチューブはMTB用のチューブなので結構なサイズ感がありますね

こいつをサランラップ等でグルグルにラッピングします!
ここでのラッピング=ジツは非常に重要 

IMG_4740

こんな感じになりました

あとはコレをバックにインする訳ですが、、、

IMG_4741

サドルバックの中は先述の通り、かなり擦れます

当然、隣に携帯工具等がオブジェクツがあると実際キケン!

そこで良い感じのサイズのビニール袋にさらにインしてからバックインします
Wasshoi!!
IMG_4742

こうすればタイヤブートとレバーも一緒に入りますね

チェーンピンは工具と一緒に忍ばせておきましょう

IMG_4743

コレで完璧!

今回のMTB用チューブはかなりの大物ですが、

Bianchiのサドルバックはばっちり納まります!

ロード用のチューブならうまくやれば二本くらい入るので安心!

さらに!!

今回、Binchi携帯ポンプが新しく発売されました!

IMG_4804

こちらの新発売の2in1MiniPumpはCO2インフレーターにも対応しています!

早速ご使用の方はCO2カートリッジをバックにインしておきましょう!

パンク修理が非常に迅速かつ楽チンになるので是非!!
まさに科学の勝利!インダストリ!!

IMG_4807

 

そもそもパンク修理なんて出来ません!! って方、、ご安心ください!

各店で講習会をやっています!もちろん立川もやってます!

ツボを押さえてわかりやすく解説しながらやっていきますので、お気軽にお問い合わせください!

 

あぁ。。。今回もだいぶ大作になってしまった
ここに気づいた読者もいるかもわかりませんが
ここまで読んでくれてありがとうございました!
「こんなブログがあれば良いな〜」とか、要望があればTwitterInstagramでコメントください 参考にさせてもらうこともありますよ〜 オタッシャデー
written by サカタ=サン

Posted in Parts, 小ネタ・小話 | 【ビアンキ立川】さぁ、ライドの準備だ!!(サドルバック編) はコメントを受け付けていません。

【ビアンキ立川】Bianchi Parts でチェレステ生活(クイックリリースレバー編)

どーも

フレームいっぱい夢いっぱいのビアンキ立川です

立川限定のお買い得モデルが置いてあるビアンキ立川です

MTBキャンペーンも終わりが近づいてきたビアンキ立川です

自転車が雨と花粉にまみれるビアンキ立川です

 

前回の【セラミックプーリー編】なぜか好評だったので、

今回も同じくビアンキパーツを掘り下げていこうと思います。

 

そうです、二番煎じです

 

今回はこちら~

IMG_4319

これは知ってるよ!

ホイールを留めてるアレだよ、アレ!

 

そうです、『アレ』です

でもちゃんとした名称があります

『クイックリリースレバー』って言います

シマノでは『クイックレリーズ』なんてよんだりしてますね

どっちも正解です

 

写真の上がMTB・クロスバイク用(135mmエンド用)

下がロードバイク用(130mmエンド用)となっております

ロードとクロスバイクは後輪のエンド幅が違います
つまり、ロードバイクにクロスバイクのホイールは使えないですし
クロスバイクのホイールをロードバイクに使うこともできません

で、こんな動きもしないパーツ換えて、何がかわるの?

って思いますよね

 

 

それはもちろん!

見た目!!!!

IMG_4337

これは〜かっこいいぜぇ?

 

それだけ?

いやいや、そんなことないのです

特筆すべきは、、、

重さです!

 

ロード用の方で比べてみましょう

まずはホイールのアップグレードパーツとして人気の高い

FulcramがRacing3の純正クイックはこんな感じです

IMG_4313

そう、意外と重いんです!

8万のホイールのクイックでもこれくらいの重量があります

軽量化とか色々やっていても、こんなに重いの使っていたら身も蓋もないですよね・・・

自分が使ってた奴なんですけどね、重すぎでしょう びっくりだよ

 

そしてビアンキのクイックレバーは・・・・

IMG_4314

どうですか!!この重量!!

まさに!桁違い!!

 

でもこんな軽くちゃ固定力弱いんじゃないの?って思いますよね

そんなことないです

普通のクイックレバーと同じように使えます

しっかり固定できますのでご安心を

 

では、なんでこんなに軽いのかって話です

 

このクイックレバーはですね・・・

チタンとカーボンを使ってます!

そう、自転車のパーツで使用される高級素材四天王のうちの二つです

そりゃ超軽量なのも納得ですね
IMG_4335

ハンドルなりシートポストなりペダルなりで70gの軽量化を目指すのもいいですよね

ただ、こちらはより手軽で確実!

見た目もサイコー!!

お店に来てその場ですぐ交換もできるので、お気軽にスタッフに聞いてください!

 

 

 

P.S.

これからこんな商品がでるらしい・・・・

IMG_4355

全貌公開まで、もうちょっと待っててくださーい

見たい人は立川に来てね〜 スタッフのバイクについてますので運が良ければ見れちゃいます笑

Posted in Parts, ニューモデル・新商品紹介 | 【ビアンキ立川】Bianchi Parts でチェレステ生活(クイックリリースレバー編) はコメントを受け付けていません。

【ビアンキ立川】Bianchi Parts でチェレステ生活(セラミックプーリー編)

どーも

人気のMTBキャンペーンも最終月になったビアンキ立川です

ロードバイクも立川限定モデルが待機中のビアンキ立川です

紹介キャンペーンで春の賑わいを感じさせるビアンキ立川です

暖かくなって花粉がすごいビアンキ立川です

 

今回は他店のブログでも取り上げられているビアンキパーツをさらに掘り下げてみたいと思います

 

まずはこちらのセラミックプーリーから

IMG_4321

そもそも、セラミックプーリーってなに?

 

説明しましょう

まず、プーリーとはリアディレーラーに2ヶついている小さいギヤのことです

IMG_4327

上(スプロケット側)をガイドプーリー、下(地面に近い側)をテンションプーリーと言います

自転車の駆動パーツの中で最も地面に近く、かつ高速で回るギヤです

またそのサイズからわかるように、

もっとも多く回転するパーツでもあります

つまり、その最も多く回転するギヤをもっとよく回るようにしようじゃないか!ってことです

 

で、セラミックって何?

IMG_4315

この真ん中の黒いやつですねぇ

通常、この軸受け部分は金属ブッシュが多いです

もしくはただのプラスチックの軸受けだったりします

なので基本グリスまみれで回転性能は低く、ゴミの付着にめっぽう弱いこちらのパーツ

 

ここをセラミックにすると・・・

グリスがいりません→ベタベタしません→超よく回る!!!!!

 

やったーーーーーーーーーー!!!!!!

 

ついでに言うと、このプーリー本体にはシールドベアリングが組み込まれています

これはプーリーそのものの重量増の要因にもなってしまっているわけですが、

メンテナンス頻度と回転性能を維持を考慮すれば、無難な選択と言えるでしょう

IMG_4309

重量に関してもこの通り

元々が軽量なので問題にはならなそうですね

 

そして何より、、、

見た目!!!!!

IMG_4046

こちらはサンプル品のため若干形状は異なりますが、見た目のインパクトは相当です!!

リアディレーラーにキラリと光るチェレステプーリー。。。

カッコいいじゃないですか!!!

 

 

今回Bianchiで販売しているプーリーはSHIMANO専用で、SRAMやCampagnoloには非対応ですのでご注意ください

また、プーリーを留めているボルトは締め付け具合の判断が難しいパーツです

緩ければ走行中に外れてしまいますし、強すぎると回転性能はガタ落ちします

触れるのが不安な方はお気軽にショップスタッフにご相談ください

 

こんな小さいパーツにもまだまだ書ききれないほどの技術や知識が詰め込まれています

興味があったら色々調べてみるのもスポーツバイクの楽しみ方ですよね

Posted in Parts, ニューモデル・新商品紹介 | 【ビアンキ立川】Bianchi Parts でチェレステ生活(セラミックプーリー編) はコメントを受け付けていません。
PAGE TOP
© 2001-2016 CYCLEUROPE JAPAN CO.,LTD. All Rights Reserved.