HOME > STORE NEWS(ストアニュース) > ビアンキ立川
STORE NEWS

Category Archives: ニューモデル・新商品紹介

【立川】立川限定MTB、超絶価格で販売します!

ドーモ

広い店内に充実の品揃え

講習会も定期的に開催しているビアンキ立川です

 

今回はTwitterやInstagramで垣間見えたMTBのお話です

 

ビアンキでマウンテンバイク。。。

ロードバイクやミニベロのイメージが強いビアンキですが、

MTBでもトップモデルを展開しています!

フレームであれば立川で以前から販売しておりましたが、

いざ完成車となるとあまり見かけることがないハイエンドMTB。。。

 

そこで、2016モデルのフレームで完成車にしました!

フレームは泣く子も黙るMTBフラッグシップモデル

METHANOL(メタノール)!!!

今や完全に主流となった27.5インチのホイールサイズを採用した

軽量カーボンフレームです!(フレームサイズは43になります)

ドライブトレインは最近のMTBシーンを反映して1×11で組み上げ、

スプロケットには11-46Tというスーパーワイドレンジをチョイス!

そしてMTBで一番のキモになるサスペンションフォークには出し惜しみ一切無し!

ハイエンドモデルにも相応しいROCKSHOXのREBAをインストール!!

もちろん、あると便利なリモートコントロール付きです!

足回りも抜かりなし!即チューブレス化できるように選んであります!!

 

最近のMTBの流行をしっかり抑えた本格仕様でパッケージングした

 

このスペシャルなMETHANOLを!!

 

1台限定で店頭販売いたします!!!

そして気になるお値段は。。。

空前絶後の!

超絶価格!!のハイエンドMTB!!!

¥350,000+税!!!

ビアンキ立川、初めての試みということで景気よくいってみました

イェェェエエエエエエエエエエエエイ!!!!!!!

この機会に是非、BianchiのハイエンドMTBを体感してみてください!

ジャスティスッ!!!!!!!!!!!!!!!

その他詳細については店頭にてスタッフにご相談ください

電話での取り置き等はご対応しかねますので、

ご理解とご協力の程、宜しくお願いいたします。

サンシャイン坂田

Posted in イベント・キャンペーン告知, ニューモデル・新商品紹介 | 【立川】立川限定MTB、超絶価格で販売します! はコメントを受け付けていません。

【立川】タイヤを換えよう

どーも

広い店内!幅広い品揃え!充実の講習会!いつものビアンキ立川です

 

今回はタイヤ交換についてです

年も明け、初走りも済ませた今日この頃、、、

寒過ぎて乗るモチベーションが上がらないソコのアナタ!

 

タイヤ、履き替えてみませんか?

なんせ新しいビアンキのタイヤが出たので。。。。

 

 

まずは見た目がグッと変わります

でもそれだけではありません

走りもググッと変わります

乗り心地もグググッと変わります

、、、、あれ?もはや別物じゃ。。。

 

 

バイクの(ルックスと)乗り味を左右するこの重要なパーツですが、、、

 

『タイヤの履き替え時』ってどんなタイミングなの?

基本的にはタイヤの『消耗』と『劣化』の具合をみてあげましょう

 

では具体的に『消耗』したタイヤ『劣化』してきたタイヤを見てみましょう

見るからに『消耗』していますね ヒビ割れも出ています

このようにトレッド(タイヤの溝)があるモデルは磨り減り具合が判りやすいですが、

ロードバイクはトレッドのないスリックタイヤが多く出回っています

そしてこちらが『消耗』したスリックタイプのタイヤになります

てっぺんが磨り減って平らになっていますね。。。

このまま使って行けば近いうちにタイヤの中身が出てくるでしょう

当然、磨り減った分は薄くなっているのでパンクのリスクも上がります

 

 

ちなみに、、、

自動車などのタイヤにはスリップサインというものがありますが、

スポーツバイクでも採用しているモデルがあったりします

このポチっと凹んでいる部分です

このくぼみが平らになって(無くなって)きたら

消耗してきてますよー交換時期ですよー ということですね

不良品ではないので覚えておくと良いかもしれないです

 

このように【見た目】や【乗り味】を大きく変えるタイヤ交換ですが、

作業としてはパンク修理と一緒なので、ビギナーユーザーにもオススメなカスタムです

パンク修理の練習にもなるので、一石二鳥ですね

パンクするまで使うスタイルのユーザーもいますが、

パンクは面倒だな、少しでもリスクを減らしたい方は

早めの交換をオススメします

 

ちなみに。。。

今回使った新登場のタイヤですが、試乗車に使っているので乗れます

さらに言うと、青山のお店にも試乗車に導入済みです

気になったら『来て』『見て』『触って』『乗って』みてください

 

次回は【タイヤの選び方】について書いていこうかと思います

『サイズ』とか『太さ』とか基本的な部分から、

『コンパウンド』とか『ケーシング』とか難しそうな話まで、、、

タイヤは奥が深いですね。。

Posted in Parts, ニューモデル・新商品紹介, 小ネタ・小話 | 【立川】タイヤを換えよう はコメントを受け付けていません。

【ビアンキ立川】パンクに屈しないために(ツールボトル編)

ドーモ

11月の頭に新型OltreXR4に乗れるビアンキ立川です

季節も変わり、気温の変化に体がついてこないビアンキ立川です。。。

 

さて、今回はビアンキから新しくタイヤレバーが発売されたので、、

img_5271

ライドに付き物、トラブルの代名詞、ビギナーからプロまで皆平等

 

【パンク】

誰もがそのトラブルに対峙できるよう、準備をしていると思います

 

実は半年前にも(サドルバック編)と銘打って記事にしていますが、

img_5268

今回は大人気商品のビアンキ製ツールボトルにフォーカスしていきます。

最近は気温も下がってドリンクもボトル一本で事足りることが多いですからね

 

内容物はこんな感じ

img_5275

Bianchi Nylon Tire Lever Celeste ←NEW!!

Bianchi CO2 Inflator Celeste

Bianchi Road向けインナーチューブ(700×18~25c)×2本

・CO2ボンベ×2

 

これがまとめて。。。

img_5273

こんな感じ

まだまだ隙間もあるのでチェーンピンやタイヤブートを入れておくとより安心感アップ!

ポイントは予備チューブをコンパクトにするところですね

パッキングのコツは前回記事を参考してください ←クリック

 

どうでしょうか

このツールボトルで2回までパンクに耐えられます!

しかもBianchi製品でほぼ固められます!!

ctqgar5vmaafawq

さらに!!

今週末はパンク修理の講習会です!

これで全部まとめてビアンキ仕込みになれます

講習会は電話でも予約できますので、お気軽にドーゾ

 

img_5267

しかし、なぜツールボトルなのか。

実はコレ、走りにも大きな影響があって、、、

書き出したら長くなりそうなので、次回以降の記事にしましょう

お楽しみに~

written by サカタ=サン

Posted in Parts, ニューモデル・新商品紹介, 小ネタ・小話 | 【ビアンキ立川】パンクに屈しないために(ツールボトル編) はコメントを受け付けていません。

【ビアンキ立川】Bianchiの造りしもの

ドーモ

2016モデルが超絶お買い得なビアンキ立川です

それもそのはず、2017モデルの一部がプレカタログで見れるビアンキ立川です

 

さて、今回は来るべく2017モデルについてお話です

新色やニューモデル、フルモデルチェンジ等々気になるモノはたくさんおありでしょう

そんな中で来年の目玉はコレだ!!!

CPrVjNmW8AAPZbT

1.巷で噂のSpecialissima CV カラーオーダー【Tavolozza】!!

8465cd79-f822-46a5-89ed-0a51ccb5bae6

2.ついに情報解禁! Oltre XR4 始動!!

この二つですね!!目玉だけにね・・・

 

まず、Specialissima CV カラーオーダーの【Tavolozza】についてです

コチラはBianchiが誇る超軽量レーシングフレームSpecialissimaをさらにスペシャルな一台に仕上げる新しいサビースです

CmGOh7wXIAAYvnB

【Tavolozza】とはイタリア語で絵の具等を載せるパレット、と言ったような意味の単語です

内容としては【フレーム】【BianchiEagle エンブレム】【Bianchiのロゴ】をそれぞれ好みのカラーに指定、さらにフレーム全体をグロスフィニッシュもしくはマットフィニッシュにすることができるカラーオーダーサービス!

これで世界に一台だけのオリジナルSpecialissima CVが作れちゃうって寸法です!

海外では既に受注・生産されており、国内でも受注は始まっております!

ちょっと試してみたい方は【コチラ】へどうぞ〜

 

そして、これが2017モデルでは最注目かもしれませんね

皆さん、大変お待たせしました

出るのか出ないのか、毎年いろいろ言われてきたOltreXR2モデルチェンジ説・・・

これで決着!

24108ad7143d9ed3b775f9d57b3727e2c3224340

【OltreXR4】出ました!

しかもCountervail©搭載!!

プロロードレース、現在山岳まっただ中のTuor de France でも導入されています

気づかれていた方も少なからずいらっしゃったはず・・・

入荷時期・発売価格・日本国内でのカラー展開

どれも未だ不明!笑

ある程度決まり次第、ここで更新して行きます!

でもこれでモヤモヤもふっとびましたね

最新のエアロロードとして生まれ変わったオルトレ、カッコいいじゃないですか!

詳細は本国のサイトにてご確認ください!【コチラ

817df7c3-8163-400e-9a95-b196a2bd5e02

スタッフとしてはこのハンドルとかね・・・とても気になります!!!

 

定番モデルも色々マイナーチェンジしたりフルモデルチェンジしたりと

心躍る2017モデルですが、もう予約は一部開始してます!!

今週末は横浜のビアンキストアで展示&試乗会がありますね!

来週は丸の内でやりますね!

その次は大宮ですね!

要チェックや!!

何や立川も企てている要ですが、今のところは秘密です

written by サカタ=サン

Posted in ニューモデル・新商品紹介, 未分類 | 【ビアンキ立川】Bianchiの造りしもの はコメントを受け付けていません。

【ビアンキ立川】タイヤ、擦り減った後

ドーモ

入り口付近にクラシックバイクコーナーを作ったビアンキ立川です

ハイエンドからエントリーまで充実の試乗車をラインナップしているビアンキ立川です

最近乗るたびに雨やトラブルに見舞われるビアンキ立川です

 

さて、今回はコチラ

IMG_4995

新発売のBianchiタイヤについて掘り下げてみようと思います

今回新発売となったこちらのビアンキタイヤですが、

見ての通り、みんな大好きPanaracer製となっております

IMG_5002

かっこいいわぁ。。。。白チェレ、いいやないかぁ。。。

 

パナレーサーといえば有名な大手メーカーですが、

その分グレードの展開も幅広く、充実のラインナップを取り揃えていますね

今回のビアンキタイヤはBianchi特別仕様!!!!

どんなテクノロジーが突っ込まれているかというと・・・

IMG_5013

【ZSG(Zero Slip Grip)Natural Compound】
天然ゴムを使用し優れた耐久性・耐摩耗性を持ちながらも高いグリップ力を発揮するコンパウンド

【PR(Puncture Resistant)Belt】
対貫通性能の高い耐パンクベルトを使用

【All Contact Thread Shape】
コンパウンドのグリップを最大限に発揮させるために最適化された断面形状

こんなところです
ほぼ新しいCloserPlusですね、はい

しかし、能書きばかりでよくわからない、そうでしょう

 

では、シンプルに数字を比べてみましょう!

コンパウンドとか色々あるけど、やっぱり一番わかりやすいところ

それはやはり 【重量 でしょう!

では手始めに、ViaNirone7等の完成車でおなじみの

標準装備ロードタイヤ Vittoria Zaffiro 700×25c

IMG_4999

ワイヤービードなので折り畳めないため、こんな形で計測しました

IMG_4998

お、、おもい・・・・

 

対して新発売のビアンキタイヤは、、

IMG_4996

劇的!!約150g、前後で-300g、30%近く軽量に!?

価格帯とタイヤの太さ等々、トータルで考えてもなかなか優秀ですね
まぁパッケージの表記重量より重たいのはお約束、、、ということで笑

IMG_5005

次にこれがいかに優秀か、従来のビアンキタイヤと比べてみてみましょう

 

まずはVittoria Zaffiro Pro Slick 700×25c Celeste ¥4,400+税

IMG_5003

うん、まぁいたって普通、トレーニングタイヤってとこですね

次にVittoria Rubino Pro 700×23c Celeste ¥7,500+税

IMG_5007

あ、ちょっとだけ軽いぞ!!しかし値段が・・・
細いから当たり前って言えば当たり前なんですけどね

以上の検証から見て、今回のビアンキタイヤはなかなか秀逸と言えるでしょう

”数字”は嘘をつきません

初期パーツからのアップグレードとして候補に入れても良いカスタムパーツと言えますね

だって見た目カッコいいし。。。

IMG_5001

転がり性能であったり寿命などに関しては、これから使って見てのお楽しみってことで

ささやかなアップグレードからカラーカスタムまで何でもござれのビアンキストアでした

written by サカタ=サン

Posted in Parts, ニューモデル・新商品紹介 | 【ビアンキ立川】タイヤ、擦り減った後 はコメントを受け付けていません。
PAGE TOP
© 2001-2016 CYCLEUROPE JAPAN CO.,LTD. All Rights Reserved.