HOME > STORE NEWS(ストアニュース) > ビアンキ表参道ヒルズ
STORE NEWS

月別アーカイブ: 2012年2月

モーニングライドのご案内 3月4日(日)

まだまだ寒い日が続きますが、モーニングライドのご案内です♪

この季節は家を出るのに勇気が必要ですが、走りだせば体は温まります。
凛とした空気の中走ると、気持ちが締まって結構気持ちが良いですよ♪

今回は皇居を周回し、3月2日(金)にオープン予定のBianchi Marunouchiに向かいます。

周回数は体力次第(笑)。
お客さまのペースに合わせて班分けも可能ですので、お気軽にご参加ください。

なお10:00以降は内堀通りがパレスサイクリングと称し、サイクリング専用道路になります。
多くのサイクリストが走ってますので、眺めてるだけでも結構楽しいですよ♪

「開催日」
3月4日(日)

「集合時間」
午前8時45分~。

「出発時間」
午前9時。
※時間になり次第出発いたします。余裕をもってお集まりください。

「集合場所」
Bianchi Community AOYAMA
今回は表参道ヒルズ集合ではございません。
 お間違いのないようお気をつけください。

「目的地」
Bianch Marunouchi。
※現地解散です。

「ご参加頂ける方」
・弊店もしくは弊社直営店で自転車を購入されたお客様と、そのお連れ様。
・上記に加え、自転車保険に加入されているお客さま。
※保険のご用意はございません。
 お客さま自身でご加入のうえご参加ください。

「持ち物」
自転車・ヘルメット・身分証明書。(用具の貸し出しは行っておりません)
※もしもの場合に備えて保険証をご持参されることをおススメします。
※ヘルメットの装着は必須です。
※当日は寒さが予想されます。防寒対策をしっかりされることをおススメします。

「申込方法」
開催日前日までに、お電話にてお申込みください。
ビアンキ表参道ヒルズ 03-6447-0589
※お申込みの受付は弊店のみとなっております。

ご都合が不明でしたら、申込なしでのご参加もOKです。
集合場所に直接お越しください。

「参加費」
参加費は無料となっています。

※保険のご用意はございません。
本モーニングライドに起因する事故・怪我等の損害は、弊店では一切責任を負いません。
その旨の誓約書に署名を頂きます。
ご理解の上、ご参加頂きますようお願い申し上げます。

「同行スタッフ」
3名~。

「中止について」
前日の天気予報で降水確率が30パーセント以上の場合、
当日雨が降っていた場合、走行に重大な支障を来す場合には止むを得ず中止とさせて頂きます。
※中止の場合は本ブログでのご案内いたします。
※事前に申し込み頂いたお客さまにはお電話にてご連絡いたします。
(お電話でのご連絡は、前日18時頃までにさせて頂く予定です。)

安全に交通ルールを守って走ります。
お気軽にご参加下さい。

寒さに負けず楽しく走りましょう☆

担当:Takeuchi

カテゴリー: Staff de cycling, モーニングライド | コメントする

表参道ヒルズ休館日のお知らせ

明日2012年2月20日(月)~21日(火)は表参道ヒルズが全館休館となります。
お客様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解の程、宜しくお願い申しあげます。

休館日 2012年2月20日(月)~21日(火)

ビアンキ表参道ヒルズ

カテゴリー: 営業時間案内 | コメントする

ビアンキの超軽量クイックレバー入荷しました!

全国の軽量パーツマニア&ビアンキマニアのみなさま、お待たせしました!
超軽量クイックリリースレバー、Bianchi Quick Release Carbon Ti X-Lock(長いですね。。。)が入荷いたしました!

軽量パーツの利点について、ちょっとおさらいです。
ロードバイクやクロスバイクの走りが軽いのは、タイヤの細さやベアリングの性能によるところもありますが、
実は自転車自体の軽さによるところが大きいのです。
物を持ち上げる時・転がす時は軽い物の方が少ない力で動かせるのと同じように、坂を登る時や自転車を加速させる時も重量が軽い方が必要な力が少なくて済む=乗って軽いのです。
ということで自転車は軽ければ軽いほど有利(耐久性を犠牲にしない範囲で)なのです!

話がそれましたが、X-Lockレバーの紹介です。
X-Lockのアクスル軸は7075アルミニウムです。いわゆる超々ジュラルミンと呼ばれている素材です。なんだかすごそうです。そしてレバー本体はチタニウム製。軽量素材の定番です。
テーパー加工が施された軸の真ん中付近は径が細くなっており、この加工も軽量化に貢献しています。



某M社のクイックレバーと比較してみるとX-Lockのスリムさがわかります。圧倒的に軽そうです。財布も軽くなりますが。。。


他社製の軽量クイックレバーの軸は中空加工がされていることがよくありますが、X-Lockの軸には中空加工はされていません。テーパー加工が施されたアクスルはすでに軽量ですので、中空加工までする必要はないと割り切っています。


シール(縦12×横48mm)が付属します。

愛車のドレスアップにいかがでしょうか・・・

COLOUR:TITAN/CELESTE/SILVER
SIZE:100x135mm
PRICE (税込):¥10,500

AXLE: 7075 ALLOY
LEVER: TITANIUM
WEIGHT: 32g/pair(フロント・リア ペアで)

Staff:Hashizume

カテゴリー: パーツ アクセサリー, 入荷案内, 商品案内, 新着情報 | コメントする

伊豆半島(ほぼ)一周してきました

先日報告させていただいた通り、スタッフ2名がビアンキのロードバイクで伊豆半島を一周して参りました。
本日は程よ〜い筋肉痛とともに早速その報告をして参りたいと思います。

当初たてた大まかな予定は
伊豆半島の東側の伊東の宿を拠点として
一日目は→伊東〜修善寺間の山越えで軽くアップする
二日目は→伊豆半島を(ほぼ)一周する

というかなり野心的なもの。はてさて実際はどうだったのか???

実際に走ったコースがこちら↓です

いや〜このギザギザ感はまるで鮫の歯、非常に優しくない感じですね。
実際に走ると、上って下って、上って下って、上って下って、また上って、、、
下、、ると思ったらまた上りかい!!
という突っ込みを100回程繰り返すとすとちょうど伊豆半島を一周となります。

アップダウンが相当厳しく難コースだったのですが,それがまた自転車の魅力であり伊豆の魅力でした。
上りの道がすぐ下りになったり、海沿いの道があっという間に山間の道になったり、向かい風の風が追い風に変化したりと
地形がつくり出す様々な変化を自転車に乗りながら味わえました。
特に下田~松崎間は、山間ののどかな雰囲気から一転して海へかけてのダウンヒルが味わえてまさに「一挙両得」
サイクリスト必走のポイントでしょう。

我々スタッフ的ハイライトは!!!

★伊豆からの雄大な富士山の眺め。(写真あり)
★青い海に沈む西伊豆の夕日。 (デジカメの電池が切れ写真なし)
★地面から文字通り吹き出す温泉。(勾配がきつすぎてカメラ出せず)
★温泉と海の幸(おいしくいただきました♨)


伊豆半島から見る富士山。。
絶景ポイントではなかなか雲隠れなやつでした。


雲がとれたところを激写。


海の幸を食す我々!!

と一部お伝えできないのが残念ですが、走っているとなかなかペダルを止めたくなくなってしまうのも事実。。
テンションのあがった我々は走ることを優先してしまいました!!
サドルにまたがりながら見る景色は普通に旅行したときとは違う達成感があるから不思議です。


そして忘れちゃいけないペリー像。
到着の達成感でうっかり「Boys, be ambitious(少年よ、大志を抱け)」と思ってしまったのですが、
それは銅像違いで、クラーク像のほうでした。
そして我々はもはや少年ではないというダブルボケ。

さて、全体の感想はこのくらいにしてロングライドならではのポイントと
今回のスタッフ的やってしまったポイントを紹介いたします。

★あると便利なサイクルコンピューター!

個人的に今回の目的の1つにGarmin Edge500のインプレッションをしてくるというのがありました。
実際に走りだしからラップ機能をONにして道中のデータをとってみました。

灰色(ラップ1)が初日の伊東〜修善寺間のデータで、黄色(ラップ2)が伊豆半島一周のデータです。
右のグラフには任意のデータを表示でき、お好みでチョイス可能です。
今回は「速度」「ケイデンス」「勾配」「標高」を表示させてみました。
左側に地図も自動で表示され、グラフとリンクしてますのでクリックするとその地点での状況がわかります。

また画面上部には走行時間や消費カロリーなどこれまた一目で分かるようになっています。
2日間で高低差約3700m程でした。どうりで足が痛い訳だ。。。。

Garmin Edge500のオススメポイントはデータの正確さと見た目で分かることです。
データというと小難しい感じがしてしまいがちですが、地図とグラフでパッと見て分かるようになってますので
意外と「考えたくない人」にオススメです。
また大きなディスプレイで走りながらデータが見られるので、後々の時間などを計算して走ることができます。
宿の夕飯の時間に帰ってこれたのもEdgeのおかげでした。(詳しくは後述)

★お腹がすく前に、、、

さてGarminで残り距離を計算しながら走っていたのですが、ロングライドにはトラブルがつきものですね。
スタッフI的に、やってしまいましたハンガーノックです。
ハンガーノックとはお腹がすきすぎて力が入らなくなる「エネルギー切れの」状態です。
今までもハンガーノックになったことがあると思っていたのですが、それは序の口。カレーで言えば甘口。
それはハンガーノック気味だっただけで、今回は本家本元。

70キロ程の地点で、どういうわけかぺダリングをしても進まない。
ひょっとしてエネルギー切れ??
と意識した瞬間猛烈にお腹ががすきだし、フラフラ。。あああ〜〜。まっすぐ走るのもままならない状態に。。

その場はスタッフTの持っていたソイジョイに助けられ何とかお昼休憩ポイントまでやり過ごしました。
一人で走っていたら完全にアウトでした(汗!)

↑よりによってアップダウンの厳しいところでエネルギー切れ。。

エネルギー補給はこまめにとるのがポイントでございます。(今回はこれを怠ったのが敗因)
そしてちょっと余分に持っていくのが吉であります。(今回はこれで助かった)

★ダウンヒルはくれぐれも余裕を持って、、

ゴール目前の最後の亀石峠を越えるころにはは日も暮れていて頂上は-1℃になっていました。
宿の夕食のタイムリミット(19:30)が迫っていたので「やばい急がねば!!」という状況だったのですが、、、

路面は前日まで降った雪の解け残りが再び凍りだし(??)
暗さで状況が分からない状態、
寒さで手がかじかんでブレーキを握るのもキツくなってきて、
右側を通る自動車と左側の薮から時折顔を出す動物たちに注意しながら(タヌキ?イノシシ?)
「車輪を滑らせず夕食に間に合う絶妙な速度で下る」
という我々の手(脚?)に余るな状況になりました。

「ヤバエェェェェェェェェーーー」という叫びを山間に響かせつつ、野生の勘でなんとか無事に下りきりました。
滑り込みで宿の夕食にもギリギリセーフ(汗)

皆様はこういう状況にならないよう「時間と装備とタイヤのグリップ」にはく・れ・ぐ・れ・もマージンを持って
下ってくださいませ。特にライトとヘルメットは必須の装備です!!

さて、ここまで長々と書いてしまいましたが、いかがでしたでしょうか?
ここに書ききれないほどまだまだ伊豆には魅力がたくさんありますので、
ぜひ皆様もロードバイクで走ってみてはいかがでしょうか?
その場合は、くれぐれも「装備と補給と時間」の余裕をお忘れなく!!

次回、ビアンキ表参道ヒルズとビアンキコミュニティー青山の合同メンバーで三浦半島一周に出かけてきます。
皆様もぜひロングライドに出かけてみませんか?

担当
Takeuchi
Ito

カテゴリー: Staff de cycling, 自転車豆知識 | コメントする

浅草に初詣に行こう(パート2)開催いたしました!

2月5日(日)にモーニングライドを開催しました。
前回残念ながら雨の為中止となってしまいましたので、目的地を変更せずに
引き続き浅草ということになりました。
寒さが一番厳しい時期にも関わらず、今回は総勢9名の大所帯で
行ってまいりました。


うっすら空に雲がかかっている中、表参道を出発。
たくさんのマラソンランナーが走っている皇居近辺を通り
スポーツ用品店が並ぶ神田神保町。
そして浅草に近づくとビルの合間から、5月オープン予定の東京スカイツリーが
大きくそびえ建っているのが見えます。
そして目的地の浅草に到着。

ジョッキにそそがれたビールをデザインした隅田川リバーサイドのアサヒビールタワー。
9台ものビアンキのロードバイクが集合。

最後はみんなで記念撮影。ビアンキジャージ流行の予感?
この後参加者の方々は、東京ゲートブリッジまで走りにいったそうです。

2月12日開通予定で江東区若洲と中央防波堤外側埋め立て地を結び
全長2618メートル。レインボーブリッジのおよそ2倍。

今回も皆さんのおかげで楽しく、そして無事にモーニングライドを終えることができました。
遠くからはるばるご参加して頂いた方、いつもの常連の方ご協力ありがとうございます。
そしてお疲れさまでした。

たまたま今回はみなさんロードバイクでしたが、クロスバイクの方も
気兼ねなくご参加下さい。
次回のモーニングライドは3月4日(日)を予定しています。
詳細は追って当ブログで告知しますので、しばらくお待ちください。

Takeuchi

カテゴリー: Staff de cycling, モーニングライド | コメントする

Impulso入荷です。

全国のビアンキファンの皆さま!大変お待たせいたしました!!2012年注目のロード、Impulsoが入荷です!!!快適性重視の「C2C」カテゴリに新たに加わった「プレミアムアルミ」ロードバイクです。

2グレードの展開で、それぞれシマノ105仕様とシマノUltegra仕様です。

価格は105仕様が168,000、Ultegra仕様が180,600です。

サイズ展開も豊富で、44cm=小柄な方にもお乗りいただけるサイズ~57cmというサイズまでご用意しております。

まずは全体の姿をご覧ください。

細身のシルエットは上位モデルのInfinitoとよく似ています。アルミフレームにもかかわらず、曲線を多用した美しいラインが特徴で、溶接部の美しさもImpulsoの特徴でしょう!トップチューブとヘッドチューブの接合部はハイドロフォーミングで成形され、溶接部がゴツゴツしがちな一般的なアルミフレームの自転車とは一線を画しています。また、熱処理されたフレームのウェイトは約1500gです。


一般的なオーバーサイズヘッド(1 1/8)を採用しています。あえて最近流行りの上下異径ヘッドではありません。

フォークはカーボン+ケブラー繊維の専用フォークが装備されます。通常、フォークはカーボン繊維のみで構成されますが、Impulsoにはケブラー繊維を追加したフォークが採用されています。ケブラーを追加することでより振動吸収性が高まります。快適性重視のC2Cには必須の装備でしょう!

シートステーにはビアンキのアルミテクノロジーが詰め込まれていると言っても言い過ぎではないでしょう!後ろから見ると砂時計型に加工されたUTSSシートステーは振動吸収に優れつつもパワー伝達性能にも優れています。

メインのコンポーネントはシマノ105 or Ultegraが採用されています(写真はマットブラック、105仕様)。

ホイールはフランスのホイールメーカーMavicの入門用Aksiumが!エントリーモデルですが、専用のタイヤと合わせた時のデザインがGood!

ここまでご覧になっていかがでしたでしょうか。ビアンキは有数のアルミフレームメーカーで、つい最近までレースカテゴリーHoCの最上位機種にはアルミフレームのFG Liteがありました。そのアルミの技術を活かして生まれたのがImpulsoです。

そして、一番のビッグニュースは・・・

このImpulsoをメジャーレースで使用する可能性があるということです!!

http://bianchi.it/Global/Bianchi/News_Detail.aspx?NewsIDMaster=64532

ビアンキオフィシャルのこの記事によると、UCIプロチームのヴァカンソレイユDCMがInfinitoとImpulsoをヨーロッパのクラシックレースの頂点であるパリ~ルーベロンド・ファン・フランデレンでメイン機材として使用するとあり、目が離せません!

レースに詳しい方でしたらご存知かもしれませんが、どちらのレースもヨーロッパ特有の荒れた石畳を爆走するレースですので、振動吸収性に優れたInfinitoやImpulsoが最も得意とするシーンです。

そんなこんなでこのImpulso、2012年は注目のバイクになりそうです。レースもロングライドもイケる万能選手です。

Impulso

105仕様
Price:168,000
Colour:White Celeste/Matt Black

Ultegra 仕様
Price:180,600
Colour:Celeste/Black/Red

Size:44/46/50/53/55/57

staff:hashizume

カテゴリー: 2012Model, Road, VacansoleilDCM, 入荷案内, 商品案内 | コメントする
PAGE TOP
© 2001-2016 CYCLEUROPE JAPAN CO.,LTD. All Rights Reserved.