HOME > STORE NEWS(ストアニュース) > ビアンキ表参道ヒルズ
STORE NEWS

Road」カテゴリーアーカイブ

4月の表参道ヒルズ店イベント!第一弾開催!

春の交通安全週間になりました。
期間は4月6日(土曜日)から4月15日(月曜日)までみたいです。
みなさま!安全週間が過ぎてもキープレフトの安全運転で自転車を楽しみましょう!!

ということで、表参道ヒルズ店も、ポカポカ陽気な春なので、ここは遠慮なく真似をして『●●●週間』を開催しようと思います。

どーんと!!『表参道ヒルズ・ロードバイク!クロスバイク!マウンテンバイク!シティサイクル!色々勢ぞろい週間!』


簡単にいうとですね、店内所狭しと各種・各色揃えてみました!・・・ということです。

こんなに所狭しと自転車を置く事は通常なかなかありません。品ぞろえはビアンキ取扱店の中では一番多いのではないでしょうか。
色々な方に、写真や画面の平面では解らない実車の美しいフォルム、光が当たった時の影の入り方や、光が当たった時に輝き方を見て頂きたいと思います。

また自転車を更に彩る為のアクセサリを豊富に揃えております。

今回は第一弾という事になります・・・という事は??

そうです!!第二弾があるという事になりますね。

カテゴリー: 2013Model, Road, Sports, URBAN, その他, イベント告知・レポート, キャンペーン案内, 商品案内, 新着情報, 未分類 | コメントする

2013モデルご案内 Impulso!!

皆さんこんにちは。
ビアンキ表参道ヒルズです。

寒さも本格的になってきました。
寒くなってくると気になるのが「来年モデルの話し」ですね。

Newモデルのスペックは?カラーリングは?と気になるものです。

私も個人的にモデルが切り替わる時期を楽しみにしている一人です。

と言うわけで、今日はビアンキ表参道ヒルズに先行でやってきた2013モデルの展示車を
紹介しようと思います。

まずは、

Impulso 105 MatBlak


Size-50
Colour-MatBlack

2012も人気があったImpulso、2013も継続です。
ImpulsoはC2Cジオメトリーを持ちエンデュランスレーシングからロングライド向けのモデルです。
重量はカーボンフレームに劣るものの、今年も注目度大のフレームです。

アルミフレーム=廉価グレードと考えられがちですが、、、
それで片づけられないのがImpulso!!
その魅力をご紹介いたします。

まずフレームの成型方法に注目です。
Triple Hydroformed Technologyと呼ばれる工法がとられており、
ハイドロフォーミングによって形成されたトップチューブとダウンチューブを、溶接後にさらにもう一度ハイドロフォーミングしています。
これによって剛性感がと軽量性が保たれ、トップカテゴリーのレースでの使用に耐えれるほどです。
2012シーズンではヴァカンソレイユプロサイクリングチームが荒れた石畳を走るツールデフランドルで使用した実績があります。↓

ガンガン踏んでますね!!

では各部を細かく見ていきましょう。

フロントフォーク部

振動吸収性を高めるたカーボンフォーク、形状はややベントしていますがストレートな形。
先端部分にはケブラー繊維が編みこまれており路面の追従性と快適性をを高めています。
(K-VIDテクノロジー)

そしてシートステー部

ダウンチューブの太さと対照的にシートステーは細身のデザイン。
UTSS(UTSS- Ultra Thin Seat Stay)と呼ばれるテクノロジーで乗り心地とパワーの伝達効率を高めています。

形状は横方向に扁平していて真横からの印象よりしっかりしています。↓

ヘッドチューブ~ダウンチューブは「ドスン!」と言う感じで太く仕上がっており結構な迫力です。
しかいパイプをたたくと「キンキン」と薄く加工されたアルミの高い音。見た目以上に軽量化さています。

トップチューブはシートステーと同様に扁平に潰れた形状。カタログなどの写真では分りづらいところですね。
横に広く乗り手から見ても安心感のる感じです。↓ヘッド周りの溶接痕も綺麗に仕上がっています。

そして注目したいのは2013モデルは3グレードに分かれているところ。
お客様の乗り方や使い方で選んで頂けます。

アルテグラグレード ¥189,000
105グレード ¥157,500
ティアグラグレード ¥115,500

もちろんフレームの性能は同一です。
ティアグラグレードはエントリーユーザーの方にオススメですし、
レース出場を考えている方はアルテグラググレードがコストパフォーマンスに優れていていいと思います。
どのグレードを選ぶべきか。。。??
と迷った方は店頭スタッフまでご相談下さい。

※今回紹介したのは展示のためのサンプル車です。販売可能なバイクについては入荷次第本ブログでお知らせいたしますので
もう暫くお待ちください。

さてさて来年はどのフレームに乗りましょうか?
他にも2013モデルの販売車、展示車がどんどんと店頭に並んでますので順番にご案内いたします。
長くなりそうですので今回はここまで。。。。

それでは皆様のご来店お待ちしております。

スタッフ
Ito

カテゴリー: 2013Model, Road | コメントする
PAGE TOP
© 2001-2016 CYCLEUROPE JAPAN CO.,LTD. All Rights Reserved.