HOME > STORE NEWS(ストアニュース) > ビアンキ表参道ヒルズ
STORE NEWS

Road」カテゴリーアーカイブ

ー再考ー 100Strade 

ー100Strade再考ー

ということで、
100Stradeを既に乗っている方も、これから購入を考えていらっしゃる方も今日はちょこっと再考してみませんか?
こちらの写真をご覧ください。

先日大雨の日にお客様の納車が流れてしまった隙を見つけて
店頭の展示車のOltreからRed Windを外しつけてみました。

再考とはズバリ、ホイールを交換です。

100Stradeのフレームはフルカーボンフレームで軽量に仕上がっておりますが
さらにフレームのポテンシャルを生かす場合、ホイールのグレードをあげるのが一番有効だと思います。
上位機種のホイールはそれ自体が軽量で回転の精度もよく、ブレーキの効きもしっかりしてくれます。
これはあくまでノーマルバージョンと比較した場合ですが、
一言で言うところの「自転車の戦闘力があがる」というところでしょうか。
フルカーボンの100Stradeのフレームの場合その威力はかなり大きくなります。

もちろんこれからご購入を考えている方にとっては「完成車の状態で乗って後にホイールを交換しよう」
という選択肢もとれますので自転車選びの参考にしてください。

ちなみにノーマルバージョンがこちらです。

ホイールを変えると見た目の印象もかわりますね。

100stradeをご検討の方は是非参考にしてみてください。
既にユーザーの方は、いかがでしょう、今年の夏はワンランク上のホイール試してみませんか?
結っっっ構、走りがかわってきますよ!!

さて肝心のホイールの選択ですが、使用目的によって決められるのがいいと思います。
軽かったりデザインがいいものにこしたことはないのですが、
デイリーユースをされる方は軽量よりはガッシリとしたタフな物がいいと思いますし、
ロングライド主眼の方なら乗り心地のいいホイールがいいと思います。

そして重要なのはメンテナンスです。
ホイールは使用する中で回転部分の調整やフレの調整などのメンテナンスが必要になってきます。
メンテナンスや取り付けに関して不安な点がある方は是非店頭スタッフまでお問い合わせください。
ホイールのご注文もお受けいたします。


思わずマイヨジョーヌ君も万歳!!(エッフェル塔と凱旋門が増えました!)

それでは皆様のご来店お待ちしております。

担当
Ito

カテゴリー: 2012Model, Road, 限定モデル | コメントする

1885の紹介

全国のビアンキファンの皆さまこんにちは。ビアンキ表参道ヒルズでございます。

今日はB4Pカテゴリーのアルミロードバイク1885を紹介いたします。

この自転車の名称はビアンキ創業の年の1885年に由来しています。
ビアンキ好きにはこれだけでも結構ポイントが高いと思いますが、
仕様の方も結構「そそる」感じになっています。

まずフレーム、
1885はアルミフレームを基調にフロントフォークとステーにカーボンを使用したモデルで、
乗り心地はアルミの硬さがありつつも程よく振動吸収性がプラスされています。
そしてB4Pカテゴリーという事で、

いわゆる「トップチューブ長めのヘッドチューブ短め」の仕様になっていて

サドルからハンドルまでの落差がかなりあるレーシーなジオメトリーになってます。
ハンドルもDedaのBIG PIEGAを使用していて、これまた落差の大きいハンドルを使用しています。

昨今のロードバイクと言えばフルカーボンが主流ですが、やはりアルミの乗り心地や
扱いやすさも捨てがたい方にはお薦めの1台になるかもしれません。


↑1885のシルエット。クランクはノーマルクランクを使用しているので、高速巡航に向いています。
前後の三角形は小さ目でかなりの剛性感。

また1885のシートピラーとステムは上位機種のSempreと同じSL-KとTeam Issue
を使用しているところもポイントであります。↓

そして1885はシートステーにカーボンを使用しています。
シートステーにカーボンを使用したモデルは”カルボーニオ・ポステリオーレ”とよばれ、
90年代の後半に登場して以来レースの実践に投入させてきました。
(そんな訳で私個人的にはビアンキの中でも結構好きなモデルです)
現在はさすがにフルカーボンのモデルに水をあけられていますが、まだまだ走るレースアルミバイクです。

↑”カルボーニオ・ポステリオーレ”いわゆるカーボンバック。

1885アルミからカーボンに変わる過渡期にあったバイクと言いましょうか、
時代を感じさせる1885は走り方次第では面白い事になるかもしれません!!

店頭に実車があります。気になる方は是非ご来店をお待ちしております。

担当
伊藤晋平


Staff Column -ツールドフランス-

いや~今年のツールドフランスも盛り上がってきました。
3週目でついに力勝負になりそうな様相。シュレク兄弟どうなる!!?

個人的にはビアンキ駆けるアンドローニジョカトーリチームが出場していたジロと違い
結構気楽に見ているのですが、やはり力が入ってしまいますね。

個人的にツール見るようになり5年くらいでしょうか。
最近は出場している選手もほとんど知っているので、レースの展開とか、作戦とかが何となくわかって
毎晩おもしろいです。特に名アシストと呼ばれる選手の働きや、アシストのアシストの選手の動きが勝敗を分けたりして。。。

さてツールの見どころは各賞ジャージの行方や、ステージ優勝、敢闘賞、フランスの景色、などなどありますが、
個人的にはコンタドール選手の総合優勝?マルコパンターニ以来のダブルツール達成なるかに注目しています。

答えはガリビエとラルプデュエズを越えたシャンゼリゼで。。。

カテゴリー: 2011Model, Road, 商品案内 | コメントする

Infinito Ultegra(各色) ,105(White/Celeste,White/Pink) 仕様がそれぞれ入荷しました。

C2C(Coast to Coast)シリーズの最上位モデル。

カーボンフレームとカーボンフォークで構成され、軽量で、振動吸収性に優れた仕上がり。
また、ヘッドチューブ(フレームの一番前の部分)の長さが、通常のものより長いため、上体が起き上がり、前傾がきつくないので、体に無理なく、長距離を快適に運転することが出来ます。

メインの変速機は、シマノの105、シマノのアルテグラを使用していますので、満足頂けるものとなっております。

クランクには、コンパクトクランクを採用しているので、脚力に自信のない方でも、無理なくペダルを踏めるでしょう。

是非、この一台でロングツーリングを、楽しんでみては、いかがでしょうか。

シマノUltegra仕様
COLOUR :CELESTE, BLACK
WEIGHT : 7.66kg (SIZE 55)
SIZE : 47/50/53/55/57
PRICE (税込) :¥325,500
PRICE (税抜き) : ¥310,000


シマノ105仕様
COLOUR : WHITE/CELESTE, WHITE/BLUE, WHITE/PINK, RED
WEIGHT : 8.11kg (SIZE 53)
SIZE : 47/50/53/55/57
PRICE (税込) :¥252,000
PRICE (税抜き) :¥240,000

今回も少数入荷になりますのでお求めの方は
お早めにご来店頂きますようよろしくお願い申し上げます。

staff
tk@

カテゴリー: 2011Model, Road, 入荷案内 | Infinito Ultegra(各色) ,105(White/Celeste,White/Pink) 仕様がそれぞれ入荷しました。 はコメントを受け付けていません。

VIANIRONE7 ALUCARBON105(Celeste)入荷いたしました。

Nirone7AluTiagra仕様,Sora仕様に続き、Nirone7 Alucarbon 105 が入荷致しました。

フォーク&シートステーにカーボンを使用することにより、
振動の吸収性を高め、軽量化に貢献しております。

またコンポーネントに最新のSHIMANO105を搭載しており、
ハンドル回りのケーブルをすっきり見せる仕組みになっております。

初心者の方にも大変乗りやすい一台かと思います。

COLOUR
CELESTE, WHITE/CELESTE(まだ入荷しておりません;)
FRAME
ALU/CARBON
FORK
BIANCHI FL5 CARBON BLADES WITH KEVLAR INSERT
WHEELS
SHIMANO WH-RS10
WEIGHT
9.1kg (SIZE 50)
SIZE
50/53/55/57
PRICE (税込)
¥168,000
PRICE (税抜き)
¥160,000

今回も少数入荷になりますのでお求めの方は
お早めにご来店頂きますようよろしくお願い申し上げます。

staff☆彡
saito@日ハムのハンカチ王子ではありません。

カテゴリー: 2011Model, Road, 入荷案内 | VIANIRONE7 ALUCARBON105(Celeste)入荷いたしました。 はコメントを受け付けていません。
PAGE TOP
© 2001-2016 CYCLEUROPE JAPAN CO.,LTD. All Rights Reserved.