HOME > STORE NEWS(ストアニュース) > ビアンキ外神田
STORE NEWS

月別アーカイブ: 2016年5月

【外神田】6月パンク修理講習会のお知らせ

 

こんにちは!

Bianchi 外神田ございます
さて、いきなりですが6月4日にパンク修理講習会を開催します!

12

6月といえば、梅雨の季節。

梅雨の季節といえば、パンクの季節!

雨が降りしきる中、あるいは雨上がりの路面はパンクのリスクが高まります。

 

ん?なんで雨降るとパンクしやすいのでしょうか?

そのメカニズムをイラストを使ってご説明します!

 

ある日の、とあるアスファルトの日常を例に例えてみましょう

11

むかーしむか…いや、今でもそうですが、地面やアスファルトの凹みにガラス片等の『尖った何か』がいましたとさ

いつもと変わらぬ日々を過ごし、のほほんと地面に埋まっている『尖った何か』

そこに、梅雨の季節によくやって来る、雨水さんが降ってきましたとさ。

2

そんな雨水さんが、『尖った何か』に衝突!

その衝撃に、『尖った何か』もびっくり仰天

3

衝突によるエネルギーによって、『尖った何か』は地面の凹みから飛び出します!

この飛び出した『尖った何か』は、転がっていって似たような凹みに収まるか、あるいは

誰かのタイヤに突き刺さるか!

 

ここでパンクが起きるという訳です!

考えただけでも恐ろしいものです・・・

自転車のパンクには他にも、色々あるけれど、大体は何かが刺さって穴が開く事が多いですね。

実際にお店でも雨上がりの日はパンク修理(チューブ交換)が増えますよ!

夏になるとゲリラ豪雨に見舞われる事もあるので、いざという時のためにパンク修理ができるようになりたいですよね!?

そこで!

 

パンク修理ができるようになりたいそこのあなた!

パンク修理が好きで好きで堪らない変わり者スタッフばかりのBianchi外神田のスタッフが、

一生懸命パンク修理の仕方を伝授します!

なお、今回は通常のポンピングによる空気の入れ方はもちろんのこと、

CO2カードリッジを使った空気の入れ方も実演致します!

前回のブログでCo2の使い方についてご紹介しましたが、

「注意点が多くてようわからん!」

「失敗したら・・・」

「凍傷の恐れ!?怖い怖い怖い怖い!」

との声が多かったので、実際に使っているところをお見せいたします!

詳細は下記の通りですので、要チェック!↓

 

[日時]

6/4/(土) 11:30~ 約1時間程度を予定しております

[参加費]

弊社直営店で自転車をお求め頂いたお客さまは 無料

※当日は各店舗発行のカスタマーカードをご提示ください。

・弊社直営店以外で自転車をお求めになったビアンキライダーのお客さまは ¥1,260

[できれば当日お持ち頂きたいもの(なくてもOK)]

・タイヤレバー

・携帯ポンプ

・ホイール(前後どちらでもOK!)

※タイヤレバー、携帯ポンプは店頭にて販売致しておりますので、お持ちでないお客さまは、当日ご案内致します。

ホイールは弊店内でも用意がございますが、数に限りがございます。予めご了承下さい。

店舗スペース等の関係上、最大4名様のご案内となります。(店内手狭ですが、見学大歓迎です!)

ご希望の皆さまは、電話若しくは店頭にて受付致します。

Tel03-6206-8725(月曜定休)

お申込み状況によりにご希望に沿えない場合がございますので、予めご理解下さいますようお願い申し上げます。

 

梅雨入りする前にパンク修理をマスターしておきましょう!

ロングライド時の不安も解消され、気持ちよく走れること間違いなし!

パンクして困っている人を助けてあげれば素敵な出会いもあるのではないでしょうか!?

 

ご連絡おまちしておりまーす(^^)/

 

Bianchi SOTOKANDA

staff : ikeda

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Co2ボンベの使い方紹介

 

こんにちは!

Bianchi SOTOKANDAでございます

 

twitterではお伝えしておりましたが、お店の名前が変わりました!

Bianchi Concept Storeだったのが

Bianchi SOTOKANDAになりました!

 

お店の名前が変わっても、特にこれと言って変化はないのですが、

Bianchiのパーツに関してはたくさん入ってきております!

ここで紹介してもアレなので、丸の内のブログをご覧ください↓

【丸の内】NEW!!ビアンキパーツ入荷~第一弾~

【丸の内】NEW!!ビアンキパーツ入荷~第二弾~

 

さて、店名が変わってからの、記念すべき第一回目のブログは、

Co2ボンベの使い方をご紹介します!

 

今回入ってきた沢山のBianchiパーツの中に、Co2ボンベを使って空気を入れることが出来る、新商品の携帯ポンプがあります。

便利なところもあれば注意しないといけない部分もあり、

安心・安全に使っていただきたいので、書いていきます!

 

Co2ボンベとは、ボンベの中に圧縮されたCo2が封入されており、

アダプターを使うと圧縮空気が一気に解放され、チューブに空気が一瞬でバスッと入るというスグレモノ

炎天下の中、携帯ポンプで数百回とポンピングしなくてはいけなかったのが、

一発で入るので使いこなせれば復帰も早くなり楽ちんです!

ただ、デメリットもあり、使い方間違えると空気入らなかったり低温やけどしたりしますので

十分注意してお使いいただけたらと思います。

 

ではさっそくこの新商品の携帯ポンプを使って、使い方を説明します。

写真 2016-05-18 11 04 23

※Co2ボンベは付属しておりません!パッケージ左下のでっぱりは低温やけどを防ぐためのカバーが入っております

別売りのボンベを買うときは規格に注意してください。

写真 2016-05-18 11 10 00

様々なCo2ボンベはメーカーから出ています。

ご不明な事があればスタッフまでお問い合わせください!

 

空気入れに付属の断熱材をCo2ボンベに取り付けます。

写真 2016-05-18 11 16 37

これを付けないで使うと、低温やけどします!

 

新型携帯ポンプを、下の写真の様にCo2って書いてある方をバルブに差し込みましょう。

写真 2016-05-18 11 14 23

しっかり奥まで差し込みます。

 

続いて、ボンベを携帯ポンプに取り付けます。

ファイル 2016-05-18 12 03 37 写真 2016-05-18 11 11 56

締め込んでいくと、空気入れの中に仕込まれた針がボンベのフタを突き破り、開きます。

おそるおそる回していると、シューシュー空気が抜けてボンベ内のCo2が少なくなってしまいますので、ここは勢いが大事です。

 

奥まで回したら、準備完了です!

ボンベをちょっとだけ緩めると、空気が一気に入っていきます。

ファイル 2016-05-18 12 00 52

ゆるめた瞬間から一気に空気が入ります。

緩める量が少ないと、高圧まで入っていかないので1回転くらいさせてもいいかもしれません。

また、緩めると一気に冷たくなり、低温やけどの可能性もありますので十分気を付けてください!

バルブのところを見るとよくわかりますね

うまくいけば、一気に8気圧まで入りますよ!

 

さて、使い終わったボンベですが、断熱材を外すと表面が凍っていますw

写真 2016-05-18 11 24 48

とても冷たいです・・・素手で触ると手にくっついてきますのでご注意を

このボンベは再利用不可なので、市区町村の指示に従って処分してください。

また、Co2は空気の抜けがかなり速いです。

帰宅したら一度空気を抜いて入れなおして下さい。

 

もしも失敗してしまったり、

空気圧が足りなかったり、

僕みたいにボンベを忘れちゃったりした場合は、

通常の携帯ポンプと同じように入れることもできます。

一人二役、かっこよく言えば、ツーウェイ

ファイル 2016-05-18 12 05 42

こうなってしまっては気合いです!

 

いざという時のためのCo2ボンベに、さらにいざという時のポンプもついているって素晴らしいですね!

絶対遅刻できないサラリーマンや学生にうってつけ!!

写真 2016-05-18 11 37 12

使い終わったらボトルケージ台座を使って取り付けることが出来ます。

ボトルケージもつけられるので、拡張性を損なわずに取り付けできるのもいいですね!

ちゃっかり映っている、ツールケースも人気商品なので、お早めに!

 

staff : ikeda

カテゴリー: 商品案内・入荷案内 | コメントする
PAGE TOP
© 2001-2016 CYCLEUROPE JAPAN CO.,LTD. All Rights Reserved.