HOME > STORE NEWS(ストアニュース) > ビアンキ外神田
STORE NEWS

自転車豆知識」カテゴリーアーカイブ

3つの壁と2つの部屋、の話 その2

italia ミーティング.jpgのサムネール画像
前回のMethanol SLのお話で、外見からだけでは判らないBianchiのカーボンフレームテクノロジーについて関心を持っていただけたでしょうか。
次は928SLに採用されているSL FORKについてです。
このフォーク、形としては2007年から使用され始めていますが2009年から内部構造が変わりました。
実はこのフォークもフォークブレーズの断面が「日」の字型、つまり中心に壁のあるMethanol SLのメインチューブと類似した形状になっているんです。
つまりこれも「TWT」(Triple Wall Tube)、、、では、ないんですね。これが。
このフォークは「TSR」(Technology Section Reinforce)と呼びますがDouble chamberフォークになっています。つまり2つの部屋ですね。
!cid_8A5DD490B147458795363D9F63D7A24F@sbitPC.jpg
さて、ではこの2つの部屋と3つの壁。違いとは一体何なんでしょう?
答えは製造のプロセスでのみ知ることが出来ます。。
「TWT」は壁の入ったパイプを作るのに対し、Double chamberでは1本のパイプの中に2本のパイプが入っているんです。
2本の筒をカーボンシートで包んで固めた、と表現した方が判りやすいでしょうか。
もちろん出来上がってしまえばほとんど見分けがつきませんが、「TWT」はピーマンのような構造、片や「TSR」はミカンのような構造、というわけです。
この結果、2007〜2008年型SLフォークと比較して横剛性のみを飛躍的に(25%)向上させています。
このように、Bianchiでは単純にカーボンの素材だけでなく、構造物として、それ全体で設計上狙った剛性や衝撃吸収性といったものを研究、追及しています。
担当:クボタ

カテゴリー: 自転車豆知識 | 3つの壁と2つの部屋、の話 その2 はコメントを受け付けていません。

3つの壁と2つの部屋、の話 その1

「なぞなぞ」みたいなタイトルですが、今日はBianchiカーボンテクノロジーのお話。
Infinitoの回で書きましたように、Bianchiではそれぞれの用途に応じたマテリアルを複合的かつ
贅沢に使用して、目的に合った特性のフレームを開発しています。ただ単純に「カーボン」ではないことが少しおわかりいただけたかと思います。
今日は、さらに構造物としてのカーボンフレームについて考えてみます。
お題にするのは、MTBのMethanol SL、そして928 SL IASPです。
photo01.jpgphoto02.jpg
Methanol SLのマテリアルは東レのT700、それと40T、、、という話は今度にしておいて。
この機種はBianchiとしていろいろと新しい技術を投入しています。
インテグラルシートポスト、BB30、ERC(Embedded Reinforcement Construction)などなのですが
その中の一つに「TWT」(Triple Wall Tube)というものがあります。
近年の各社サスペンションフォークの高剛性化に見合う強度、そして軽量化を同時に実現するためMethanol SLが採用した手段の一つがこの「TWT」です。
all.JPGup.JPG
トップチューブ・ダウンチューブそれぞれが単純な筒型ではなく、複合素材を繋ぎ目無くモノコックで形成する「日」の字断面の構造物になっています。
このパイプ内の壁面は強度方向を計算され、トップチューブでは水平方向に、ダウンチューブでは垂直方向に入っています。
これが「3つの壁」のお話。真ん中の壁から見て左右(または上下)それぞれの外壁で3つの壁ってわけです。
実はこれと一見よ〜く似た構造を持つのが、928SL IASPのフロントフォークなのですが。この話は次回。
担当:クボタ

カテゴリー: 自転車豆知識 | 3つの壁と2つの部屋、の話 その1 はコメントを受け付けていません。

S9 MATTA

今日はS9-Mattaのお話。
L1010498.JPGのサムネール画像
カーボンフレーム全盛の昨今ですが、忘れちゃいけないチタンフレーム。
Bianchi+チタンっていうと、どうですかね。連想するのはバクステッドでしょうか。
2M近い身長と90kgの体重をささえ、過酷極めるパリ・ルーベで勝利をもたらしたフレーム。
実はビアンキのチタンフレームは意外と長い経験に基づいています。
一時代を築いた90年代Mega-tube世代。この時期「TI-Megatube」としてチタンバイクをラインナップ。
その後継機種として、2003年秋のユーロバイクショーでデビューしたのが現在のS9-Mattaフレームです。
ヘアライン加工されたフレーム表面をBinachiロゴのマスキングで覆い、それをサンドブラスト加工で浮き上がらせる手法のデザインはさすがイタリアメーカー。強い存在感を放っていました。
2010年の現在でもロゴの彩色とリヤエンド周辺、ヘッドチューブ以外はほとんど変更なくラインナップされています。
L1010499.JPGのサムネール画像
使う素材はASTM(米国材料試験協会;American Society for Testing and
Materials)でグレード9規格に合致する高品位3AL/2.5Vチタン合金ダブルバテッド管。Bianchi独自のStructural Foam Injection (SFI)によって、一部フレーム内部にウレタンフォームを封入。これによりBB周囲辺の剛性を高めバイブレーションを吸収します。BBシェルにはBianchiの刻印が入ります。
L1010501.JPGL1010502.JPGL1010503.JPG
まるで80年代のロードバイクのような凝り方です。溶接に関しては、チタン有名L社やS社、、、ほど美しい溶接痕ではありませんが、まぁそれなりに人間らしい手間暇を感じさせてくれるディテールです。BCSでは、こちらのビアンキチタンフレームも御手に取ってじっくりとご覧いただけます。どうぞよろしくお願いいたします。の、久保田でした。

カテゴリー: 自転車豆知識 | S9 MATTA はコメントを受け付けていません。

冬眠から目覚めるためにも

連日寒い日が続きます。ニュースでは大雪の被害も伝えられていますが
皆様お住まいの地区はいかがでしょうか?

さて、運動前にストレッチ等を行う人は多いかもしれません。
しかし、日常的にストレッチを入念に行っている人はあまり多くはないので
はないでしょうか。

ストレッチを行うと関節の可動域が広がり、怪我の防止やスムーズな動きが得られ
スポーツ・パフォーマンスの向上にもつながります。
そして何より気持が良いです。

また、各種こり等をほぐすのにも効果があります。
関節は運動してないと固くなっていきます。
冬に固くなった体をストレッチでほぐしてから自転車に乗ってはいかがでしょうか。
不意の怪我を未然に防ぐ効果もありますよ。
ストレッチを行う際には伸ばす部分を意識することでより良い効果が期待できます。
また体を温めてから行うと良いようです。
L1010402.JPG

担当:イチカワ

カテゴリー: 自転車豆知識 | 冬眠から目覚めるためにも はコメントを受け付けていません。
PAGE TOP
© 2001-2016 CYCLEUROPE JAPAN CO.,LTD. All Rights Reserved.